第32回ジュニアの部 入賞作品のご紹介②

| トラックバック(0)

優秀賞(丹波市長賞) 「あにまるトレイン☆」 
後藤 愛実さん(愛知県立起工業高等学校 2年生)
優秀賞 あにまるトレイン☆.jpg
〔作者コメント〕
12種類の"あにまる"たちを"トレイン"に乗せて、自由につなげられる線路の上を走らせてあげてください。"あにまる"と"トレイン"は磁石でつけるので、"あにまる"が落ちることはないです。
また、"あにまる"は積み木のように積んで遊ぶことができます。
[審査講評]
「動物人形を乗せて、手で押して走らせる」というコンセプトの幼い子ども向けの鉄道玩具です。レールが木製で組み合わせによってパズルのように仕上げることが出来るので、知育玩具と言ってもいいぐらいです。
12個のあにまる人形を磁石で取り外すことが可能なので、飽きがこず、また簡単で安全に使うことに配慮をされています。幼い子どもにとって、大好きなおもちゃでしょう。
(前西宮市中学校校長  岡本 悦司)


続いては、優秀賞(丹波市議会議長賞)「花がらのトレイ」
若森 みずほさん(丹波市立崇広小学校 5年生)
優秀賞 花がらのトレイ.jpg
〔作者コメント〕
ふかくほって立体感を出せるようにがんばりました。
ニスをぬるのが楽しかったです。
[審査講評]
しっかりとした作りで、どっしりと重量感のあるトレイです。
表面にはかわいい花柄の浮き彫りがバランス良く施され、彫り跡に苦労の様子がうかがえます。
底面の両側に凹みが作ってあることで取っ手のような大変持ち易い工夫もされています。ていねいにニスで仕上げてありますが、少し垂れた跡が見える所も、かえって子どもらしく好感がもてました。
(彫刻家 磯尾 隆司)


続いては、優秀賞(丹波市教育長賞)「犬のおやこ」
藤原 陽輝さん(丹波市立春日部小学校 3年生)
優秀賞 犬のおやこ.jpg
〔作者コメント〕
犬の耳を切るところをがんばりました。
[審査講評]
犬の親子をモチーフにしたテープカッターと鉛筆立てですが、ほのぼのとしたデザインが可愛く思わず手に取りたくなる作品です。
部材の加工には電動工具を使ったと思われますが、使いこなすのが難しい年齢でもあり苦労をして加工した痕跡が見られますし、仕上げに二スを使っているところにもチャレンジ精神が感じられ一生懸命取り組んだ様子がうかがえます。
テープを取り付ける部分や鉛筆を立てる部分はしっかりしていて実用性があるので、日常でも使ってみてほしいと思います。
(玩具作家 濱田 昭文)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nenrin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/459