田中優斗さん作品展

| トラックバック(0)

ウッドクラフト展 同時開催として、前年度第31回グランプリ受賞者の田中優斗さんの
作品展を開催しています。
田中さん.jpg

はばたき.jpg 昨年グランプリ作品「はばたき」


今年の作品展では、田中さんがお好きだという「鳥」をモチーフにした作品3点と
あと1点文具の作品を出してくださいました。

どれもその鳥の持つ特徴を活かして製作されており、機構と全体の見た目は
さすがグランプリ受賞者だけある、どれも大変素晴らしい作品です。
確かな設計力と、シンプルであたたかいデザイン、樹種・木材の組み合わせ方が
作者ならではの持ち味だと思います。
ちなみに、作者の田中優斗さんはその名前のとおり、とても優しい雰囲気をお持ちの方で、
会うとこちらまで心が柔らかくなるような方です。
お仕事の合間の製作、大変だったと思います。
展示会場には田中さんへの感想・メッセージを書いてもらうノートを置いています。
ぜひ、ご記入お願いします!
DSC05912.jpg


それでは作品をご紹介します。
DSC05878.jpg
「水底を泳ぐ」
樹種: カリン、ケヤキ、ウォールナット、コクタン、ヒノキ等
2018年制作
2羽のアヒルが仲良く泳いでいるようなイメージで制作しました。
基本的には、ハンドルを回すことで一周するのですが、前から見て右側は滝のような
イメージでストッと下に落ちるように、下の部分は、水底を泳いでいるイメージで
作っています。
DSC05895.jpg DSC05896.jpg



DSC05901.jpg
「雪上を滑るペンギン」
樹種: オリーブ、ヒノキ、ケヤキ、シタン、シナ合板等
2019年制作
ペンギンが雪の上などをスーと滑っていくようなイメージで制作しました。
ハンドルを回すことで階段を一段ずつ登っていく仕組みです。
この作品は、どうシンプルにペンギンを上に下に持ち上げていくか試行錯誤の連続でした。
CADを使って、階段の角度、高さなどを変えて解析をくり返し、最終的に今の方式、形状になりました。
DSC05906.jpg DSC05904.jpg DSC05903.jpg


DSC05900.jpg
「止まり木のキツツキ」 樹種: ケヤキ、サクラ、カリン、シタン、コクタン等
2019年制作
くり返し木をつつくキツツキをイメージして作っています。
森の中でキツツキが木に止まっている所をイメージしています。
キツツキが木をつつくたびに、虫が木からとびだしてくるように作っています。
DSC05898.jpg DSC05899.jpg



DSC05908.jpg
「魚を追うペリカン」
樹種: サクラ、ホオ、コクタン、メープル、カリン等
2019年制作
ペリカンが魚を食べたくても食べられないようなもどかしさを感じるような作品です。
ほかのものとは少し趣向を変えてみようと思い、振り子を使ってみました。
振り子の重心の位置を変えることで振れる周期をずらし、魚とペリカンが自然に
近づくようになっています。
DSC05907.jpg]



DSC05911.jpg
「Huebako」
樹種: スギ、アガチス
2017年制作
LOFT&Fab Award 2017にて制作した作品です。
文房具をたくさん持ち歩く日を、そうでない日も使えるような筆箱を作ってみようと思い作りました。
文房具の量に応じて、上に上に増やしていくことで筆箱のサイズを変えることができます。


ぜひ、田中さんの作品を見に来てください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nenrin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/450