第32回一般の部入賞作品③

| トラックバック(0)

新人賞 (公財)兵庫丹波の森協会理事長賞
 「Baum(バウム)」 吉澤 知恵(千葉県船橋市)
新人賞Baum.jpg
浮造り(うづくり)加工という、昔から日本家屋を建てる時などに使われてきた
伝統的な技法を使った積み木です。
バーナーなどで板の面に焼き目をつけ、道具でこすると木目が浮き上がってくる技法です。
浮造り(うづくり)加工がなされたヒノキが積み木の面にしてあり、凸凹を利用して
斜面にも積むことが出来ます。
また、積み木の中身は異なった樹種を組み合わせて作ってあり、バランス感覚を養いながら遊ぶことが出来ます。
作者の吉澤さんは大学院で勉強されている学生さんです。
伝統的技法を積み木に応用する柔軟な発想が素晴らしく、今後に期待大の新人賞です。


特別賞 三木工業協同組合理事長賞
 「信州そば処」 土屋 彰人(長野県長野市)
特別賞信州そば処.jpg
エンジュの木をくりぬいた中には、おそば屋さんの世界が広がっています。
右側の水車に付けられたハンドルを回してみると・・・
石臼でそば粉を挽き、こねて、のばして、切って、釜で湯がいて、いただきまーす♪ と、一連の動きを見せてくれます。
腰を使って力強くそば粉をこねる人、手首の返しをうまく使いながら伸ばす人・・・、 あーんと大きな口を開けてそばを美味しそうに食べるお客さん、
どれもみんな人が良さそうな笑顔をしています。
ちなみに看板の上には2匹のネコちゃん、店員さんはみんなお揃いのバンダナを巻いていたり、店内の障子窓は開くようになっていたり、細かい作りも見所です。
素朴でほのぼのとした世界に思わずにっこりほっこり。
お店の下に鏡を置いて、からくりの仕組みが見学者に分かるような配慮もあります。
こんなおそば屋さん、行ってみたいなぁ。


学生賞 丹波市製材協会賞
 「Wooden Planet」 藤森 直輝、本田 睦、 大高 理穂子、 楊 霈塬
(千葉大学 融合理工学府 創成工学専攻 デザインコース)
学生賞Wooden Planets.jpg
お風呂に浮かせて遊ぶおもちゃです。
木で出来た惑星を円盤に入れて浮かべたり、またヒノキの香りを楽しんだり・・・
審査会では実際に洗面器に水を入れ浮かばせてみました。
お風呂遊具というのは今までウッドクラフト展にはなかった応募作品だと思います。
お風呂と惑星、なかなか思いつかない斬新なアイデアです。
審査員からは、発展の余地のある作品だと評価されました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nenrin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/448