一般の部 入賞作品のご紹介②

| トラックバック(0)

優秀賞をご紹介していきます。
まずは優秀賞(丹波市長賞)「小鳥のもっきん」 大森 恵さん(兵庫県)の作品からです。
IMG_7528.jpg
小鳥の形をモチーフにした遊具です。
木馬にもなるこの作品、前部の板を叩くと太鼓のようにとてもいい音がなります。
板部分には長さの違う切り込みがいくつか入れてあり、中では厚みも変えてあるので、音階の違いもあります。 音程の高低差も音の響きもとても良いです。
音のする作品というのは今回意外に少なかったのと、乗って遊べる遊具は出展作品の中でこれだけでした。
ゆらゆらさせながら、自由に太鼓を叩く楽しそうな子どもの姿が浮かんできます。


続いては、優秀賞(丹波市議会議長賞)「干支つながり」甲本 弘史さん(岡山県)の作品。
IMG_7457.jpg
干支の12の動物を一列につなげたり丸くつなげたりできる組み木の作品です。
ブナ、ウォールナット、ホワイトオーク、ブビンガと色々な樹種が使ってあり、それぞれの動物をつなげると色のコントラストがとてもきれいです。
干支の順番通りにつないでもいいし、また、どの動物ともつなぐことが出来ます。
「幼い子どもが、口と尾を組みながら、十二支の順番を覚える遊びとなる」と評価されました。


優秀賞(丹波市教育長賞)「危機一髪(カメレオン)」 白木 操さん(兵庫県)の作品です。
IMG_7472.jpg
作品名のとおり、カメレオンが長い舌をびゅーんと伸ばすと先端のバッタがジャンプして、食べられそうで食べられないカラクリ作品です。
カメレオンのユーモラスな動きを木工で再現したかったと、作者の白木さん。
見事に表現されていて、見学者の笑いを誘っています。
動きもスムーズで強度もあるので安心して遊べます。
リアルな着色もお見事で、作品の素晴らしい個性となっています。
動画で撮影しましたので、また後日ご紹介します。

次回は新人賞、特別賞をご紹介します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nenrin.org/cgi-bin/mt-tb.cgi/246