2012年3月アーカイブ

学生無料

| トラックバック(0)

少しでもウッドクラフト展を盛り上げようと、ここ数年は新しいことを始めています。
一昨年は三木工業協同組合理事長賞を設定し、副賞には全国でも有名な三木刃物(ノミセット)を贈りました。数万円相当の高級品です。
昨年は「みんなが選んだおきにいり賞」。入賞以外の作品の中から、来場者にお気に入りの作品を投票してもらい、出展者にも来場者にもとても好評でした。

そして今年はというと、一般の部の出展料が 「学生無料」 です。

携帯電話会社の売り文句みたいですみません。
毎年、少ないながらも学生さんからの応募があり、意気込みや懸命さがとても伝わってきたり、アイデアも新しいものも多く、オッと思ういい作品が多いのです。
そんな学生さんたちに少しでも多く応募していただきたいという思いから、出展料無料としました。
学生の区分は「短大・大学・専門学校」です。
卒業制作や授業のために制作したものでも構いません。ぜひ、ウッドクラフト作品を応募してみてください。グランプリを目指してみてください。

第25回丹波の森ウッドクラフト展募集要綱は こちら

P1110654.jpg P1110659.jpg P1110672.jpg
仕事がちょっと一段落ついたので、久々の苑内散歩。

ウッドクラフト展の本サイトの方で第25回の募集要綱を掲載しました。

ウッドクラフト展ホームページは こちら

今年もたくさんの作品のご応募を心よりお待ちしております。

新たに募集要綱パンフレット送付をご希望の方は事務局までご連絡ください。
丹波の森ウッドクラフト展実行委員会事務局
 TEL.0795-73-0725 E-mail mail@nenrin.org 担当:中野まで

要綱パンフレットは4月に入ってから発送予定です。

根っこは人と人

| トラックバック(0)

「どんな仕事でも根っこは人と人」

ある木工家さんのブログに書いてあった言葉。
普段は工房にこもって一人作業をすることが多い木工家でも、根っこは接客業。もしかしたら今日あたり来客があるかもしれない。だとしたら朝からガーリックパンを食べるのはやめておこう、とう内容だったのですが・・・。
仕事に限らず、人とのつながりはほんの小さなことでも、そこから良くなったり変な方向へ行ったり・・・分からないものだと思います。
自分が大事と思うことはおろそかにしないようにしよう。
などと殊勝なことを思い、ここのところ猛烈にパソコン作業をしているわけですが、背中も肩もカチコチ、このままではパソコンに吸い込まれる~戻ってこれなくなる~。介抱されたい~(「解放」と打ったらこう文字変換。でもこっちでもいい)。

担当N、息抜きのひとりごとでした。
今週中にはホームページの方に第25回募集要項を掲載する予定です。

ただ今、募集要項パンフレットを作成中です。
もし新たに募集要項パンフレット送付をご希望の方がいらっしゃいましたら、事務局までご連絡ください。
丹波の森ウッドクラフト展実行委員会事務局
 〒669-3312 兵庫県丹波市柏原町田路102-3 兵庫県立丹波年輪の里 内
 TEL.0795-73-0725 FAX.0795-73-0727
 E-mail mail@nenrin.org 担当:中野まで

外はだいぶ春の空気ですが、パソコンに向かう日々です。イヤになってきました。(あかんあかん)
あとひといきだ。

春、3月

| トラックバック(0)

P1110628.jpg

3月です。ピンクのヒヤシンスが咲きました。もうひとつは何色かな。
冬眠してたわけではないのですが、更新が随分あいてしまいました。
先日ウッドクラフト展の実行委員会が行われ、第25回の開催が決定しました。
ホームページ等での募集要項の掲載は近日中に予定していますが、先に募集期間と搬入期間だけでもお知らせしておきます。

 応募期間
 <一般の部>    平成24年7月1日(日)~8月15日(水)
 <ジュニアの部>  平成24年7月1日(日)~9月15日(土)
 搬入期間
 <一般の部>    平成24年8月16日(木)~8月29日(水)
 <ジュニアの部>  平成24年10月3日(金)~10月10日(木)

要項パンフレットの送付は4月上旬を予定しています。

一般の部は自由部門、指定テーマ部門どちらにも応募可能です。
今年のテーマは 「ジャンプ」 ですので ね。

いろいろと忙しい毎日、ひとっとびにジャンプ、してみたいものです。
今年もみなさんからの作品が届くのを楽しみにぼちぼちと頑張っていきたいと思います!
第25回丹波の森ウッドクラフト展もどうぞよろしくお願いします。