2011年6月アーカイブ

蒸し暑い。こう暑いと、もともとない集中力が更になくなり、小さな失敗をするようになって、そんな自分に腹が立ち、プンプンしているうちに最後には眠たくなってくるという・・・。
夏はまだこれからだというのに、先が思いやられます。

さて先日、岡山県の湯郷温泉にある現代玩具博物館へ行ってきました。
世界中のおもちゃがたくさん展示してあり、見応えたっぷりです。
まずはじめにずらっと並んだ「機素」の模型(?)が出迎えてくれます。 好きな人はたまらないんじゃないでしょうか。私もひととおり動かしてみました。
奥の展示スペースでは、日に何回かおもちゃの遊び方を楽しくレクチャーしてくれる「おもちゃツアー」をされています。
一見シンプルなおもちゃでも、何通りもの組み合わせ方や遊び方があって驚きました。いろいろなパターンの遊び方を教えてくれ、お話にひきこまれます。こんなおもちゃで遊んだら頭が良くなる気がします。
たくさんのパズルや人形、オートマタ・・私はついつい木のものに目がいってしまいます。
他にもオルゴールの部屋やプレイルームもあり、子供も大人も楽しめるとてもいい所です。
みなさんもぜひ行ってみて下さい。
ショップも併設されていて、普通のおもちゃ屋さんには売っていないようなおもちゃもたくさんありましたよ。

P1080670.jpg P1080665.jpg P1080671.jpg P1080676.jpg
かわいい乗馬のヤジロベエを買いました。

梅雨ですね。
私は雨降りがすきなので、梅雨ウェルカムです。年々すきになる気がします。(じめじめした性格だから?)
ここ年輪の里は緑が多いので、雨降りの日は葉っぱの緑や幹がしっとりと濃くなっていい感じです。
でも、木工をやる人にとっては、この季節は木が湿気で膨れて仕事しにくくて大変ですね。

さて、だいぶ前のことになるのですが、第23回の出展者の方にアンケートはがきをお出ししました。
お答えいただいた中から少し紹介します。

よくご覧になる雑誌やインターネットサイト
DIY BEST SELECTION(ドゥーパ)、日経デザイン、Be-pal、ミュージックマガジン  
 
手づくり木工事典、天然生活、デザインの現場、ドゥーパ、チルチンびと  
 
CONFORT、住む、夢の丸太小屋に暮らす、インテリア雑誌・木工関係雑誌全般  
うたたね(大阪の家具工房)のサイト、トラックファニチャー(大阪の家具工房)のサイト
すきな木工作家
黒田辰秋(漆芸家、木工家)、加藤裕三(おもちゃデザイナー、木彫り作家)  
 
西田明夫(オートマタ作家 有馬玩具博物館前館長、ウッドクラフト展前審査員)  
 
小黒三郎(組み木作家 ウッドクラフト展審査委員)  
 
清水郁太郎(ウッドクラフト展17回グランプリ 北海道)  
 
松本悦男(ウッドクラフト展23回準グランプリ他 京都府)  
 
石井康彦(雑木 LifeWorker 兵庫県)、早見賢二(モビール作家 北海道)  
山極博史(工房うたたね 大阪府)  
 
ジョージ・ナカシマ(家具デザイナー アメリカ)、ステュアート・コフィン(パズル作家 アメリカ)  
 
Robert Race(オートマタ作家 イギリス) すべて順不同です。

その他、いろいろ貴重なご意見をいただきました。出来る限り参考にさせていただきたいと思います。
ご協力いただいたみなさんありがとうございました。