ジュニアの部の入賞作品のご紹介、最後は特別賞と学校賞、館長賞です。

特別賞(三木工業協同組合理事長賞)
「アニマルはんこかけ」
 
木下 凜々さん(東京都立工芸高等学校 3年生)
特別賞 アニマルはんこかけ.jpg
〔作者コメント〕
ほのぼのとした森と動物達をモチーフに、普段使いの筆記用具や印鑑を入れておけるスタンドとハンコを作りました。ハンコのデザインは学校の先生が確認印として使っているものを参考にしました。
苦労した点は、切り株の形状です。柔らかい雰囲気になるよう、滑らかな形を意識しました。
また、様々な樹種を用いて木材それぞれの色の温かみや風合いを感じられるようにしました。
[審査講評]
デザイン、アイデア、仕上げの美しさ、いずれも工芸高校の学生さんらしいプロ顔負けの作品に仕上がっています。
特に両側の切り株は、滑らかで凸凹もうるさすぎないよう、よく考えて作ってあります。台座とのはめ込みもきれいで、それぞれ部品ごとに白木と茶色の濃淡で色分けしてあるのも美しいです。
(彫刻家 磯尾 隆司)


学校賞(兵庫丹波の森協会理事長賞)
鳥取県 日野町立根雨小学校

学校賞.jpg
[審査講評]
永年にわたり、組み木のおもちゃ作りに取り組まれてきたことは素晴らしい事です。その活動は子ども達の創造力や表現力、集中力など多くのものを育んできたと思います。
出展さている作品は、どれもしっかりと組み木のデザインが出来ていますし、それぞれに楽しい発想で制作されており見ているだけで微笑ましくなります。
(玩具作家 濱田 昭文)


館長賞(兵庫県立丹波年輪の里館長賞)
「十二支リレー」
 
河野 舞心さん(羽島市立中島中学校 2年生)
館長賞.jpg
〔作者コメント〕
どこをどうほっていけば、どんな形になるのかがよく分からなくて難しかったけど、かわいくできてよかったです。コツコツほっていくのも楽しかったです。
[審査講評]
最初は小さすぎて何かよくわからなかった。しかし、よくよく見ると細部までコツコツと丁寧に仕上げられていて、作者の作品に対する愛情が伝わってきました。
グランプリを取った「十二支のゆらい」のダイナミックさと好対象をなしており、小さくて素朴なところがこの作品の魅力となっている。
(兵庫県立丹波年輪の里館長 小西 重正)

佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)3点です。

 「じょうろのおふね」
 横田 瞳さん(愛知県立起工業高等学校 2年生)
佳作 じょうろのおふね.jpg
〔作者コメント〕
この作品は小さな子どもが、お風呂で遊べるように作りました。
船の中に水を入れて、じょうろにしたり、浮かばせて遊ぶことができます。
初めて木材でおもちゃを作り、カーブなどが大変でしたが、また別の何かを木材で作りたいと思うくらい楽しかったです。
[審査講評]
お風呂の中で遊ぶためのじょうろは水が漏れない軽い材質を選びますが、それを木で作る発想は豊かです。また、船体前部の難しい丸みの加工がすばらしく、時間がかかる丁寧な仕上がりになっています。ただ、幼いこどもが遊ぶには、少し重いと思われるので、より軽く仕上げたほうが良いと思います。
(前西宮市中学校校長  岡本 悦司)


 「ミニオンハウス」
宮﨑 奏さん(丹波市立中央小学校 3年生)
佳作 ミニオンハウス.jpg
〔作者コメント〕
ブランコを動くように作ったり、ボンドで固定するところが苦労しました。
マスキングテープでデコレーションするところが楽しかったです。
[審査講評]
いかにも小学生の女の子らしいかわいい作品です。
マスキングテープによるデコレーションもていねいで、きちっとすみまで神経が行き届いています。特にブランコがスムーズに動くのには感心しました。しくみを考えるのに苦労したのではと思います。
(彫刻家 磯尾 隆司)


 「どうぶつぺけぺけ」 
尾関 一馬さん、深田 幸菜さん(名古屋市立工芸高等学校 2年生)
佳作 どうぶつぺけぺけ.jpg
〔作者コメント〕
向かい合うことで対戦のできるピンボールゲームです。折り畳むこともでき、収納も便利です。障害物には学校の廃材を使用しました。子どもが好きな動物をゴールのモチーフにし、親しみやすくしました。木と木があたった時のかたかたという音も楽しむことができます。
作品を作る上で苦労した点は、盤を3層構造にしたので、各層のズレを無くすため、細部までやすりがけをしたことです。
[審査講評]
盤は三層構造になっていて細部まで丁寧に仕上げられており、全体的に加工技術の高さがうかがえる作品です。
ゴール部分が盤にぴったりと収まらないところの改善や、ゲームとしては少し単純すぎるので仕掛けを増やすなどもうひと工夫すれば更に魅力的な作品になります。
(玩具作家 濱田 昭文)

優秀賞(丹波市長賞) 「あにまるトレイン☆」 
後藤 愛実さん(愛知県立起工業高等学校 2年生)
優秀賞 あにまるトレイン☆.jpg
〔作者コメント〕
12種類の"あにまる"たちを"トレイン"に乗せて、自由につなげられる線路の上を走らせてあげてください。"あにまる"と"トレイン"は磁石でつけるので、"あにまる"が落ちることはないです。
また、"あにまる"は積み木のように積んで遊ぶことができます。
[審査講評]
「動物人形を乗せて、手で押して走らせる」というコンセプトの幼い子ども向けの鉄道玩具です。レールが木製で組み合わせによってパズルのように仕上げることが出来るので、知育玩具と言ってもいいぐらいです。
12個のあにまる人形を磁石で取り外すことが可能なので、飽きがこず、また簡単で安全に使うことに配慮をされています。幼い子どもにとって、大好きなおもちゃでしょう。
(前西宮市中学校校長  岡本 悦司)


続いては、優秀賞(丹波市議会議長賞)「花がらのトレイ」
若森 みずほさん(丹波市立崇広小学校 5年生)
優秀賞 花がらのトレイ.jpg
〔作者コメント〕
ふかくほって立体感を出せるようにがんばりました。
ニスをぬるのが楽しかったです。
[審査講評]
しっかりとした作りで、どっしりと重量感のあるトレイです。
表面にはかわいい花柄の浮き彫りがバランス良く施され、彫り跡に苦労の様子がうかがえます。
底面の両側に凹みが作ってあることで取っ手のような大変持ち易い工夫もされています。ていねいにニスで仕上げてありますが、少し垂れた跡が見える所も、かえって子どもらしく好感がもてました。
(彫刻家 磯尾 隆司)


続いては、優秀賞(丹波市教育長賞)「犬のおやこ」
藤原 陽輝さん(丹波市立春日部小学校 3年生)
優秀賞 犬のおやこ.jpg
〔作者コメント〕
犬の耳を切るところをがんばりました。
[審査講評]
犬の親子をモチーフにしたテープカッターと鉛筆立てですが、ほのぼのとしたデザインが可愛く思わず手に取りたくなる作品です。
部材の加工には電動工具を使ったと思われますが、使いこなすのが難しい年齢でもあり苦労をして加工した痕跡が見られますし、仕上げに二スを使っているところにもチャレンジ精神が感じられ一生懸命取り組んだ様子がうかがえます。
テープを取り付ける部分や鉛筆を立てる部分はしっかりしていて実用性があるので、日常でも使ってみてほしいと思います。
(玩具作家 濱田 昭文)

大変遅くなってしまいましたが、ジュニアの部の入賞作品をご紹介していきます。
まずはグランプリ 「十二しのゆらい」 
大森 春菜さん(丹波市立南小学校 3年生)
グランプリ 十二しのゆらい.jpg
〔作者コメント〕
神さまからお手紙をもらった動物たち。 一年間の動物の大しょうになりたくて急いで神さまの所に集まった《十二し》の動物たち。台を作るのに初めてジグソーを使いました。だいじょうぶ。
[審査講評]
圧倒的な存在感と遊び心を感じる作品であり、スケールの大きさから長期間にわたって作り上げられたことがうかがえます。
昔話の「十二支の由来」を題材にして端材やおがくず、木球、木の実など多様な素材を適所に効果的に使って仕上げており、その表現力や創造力には驚かされます。
前回に続き二度目のグランプリ受賞ですが、更にグレードアップした作品に子どもの可能性は無限大であることを感じさせられました。今後も創作活動を続けていただくことと、それが更に将来へと繋がっていくことを願っています。
(玩具作家 濱田 昭文)


続いては、準グランプリ(兵庫県知事賞)「森からのミュージック」
齋藤 優太さん、佐々木 智哉さん、浅田 龍也さん、河野 心さん、田村 真里奈さん、 保木 利仁さん、柴崎 海翔さん、奈良 好伸さん、山田 直人さん、渡辺 遥輝さん、綿引 海斗さん、 新井 陸さん、黒川 勝也さん (埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園高等部産業工芸科 1~3年生)
準グランプリ 森からのミュージック.jpg
〔作者コメント〕
この作品は、産業工芸科13名が力を合わせて作った組作品です。「ウサギさん」を固定した土台部分の厚板は、太い柱を手鋸で縦挽きして木取りしましたが、心材部分でしたので、硬くて鋸挽きは本当に大変でした。
ウサギさん達4匹がギターやピアノを演奏し、その後ろでは、4人の歌手兼ダンサー(人体模型)が演奏に合わせて楽しく歌い踊るというイメージで作りました。ウサギさんの耳や手は曲げ木加工です。
銘木を使うことで、仕上がりが美しく、木材加工の楽しさを十分に感じることができました。
[審査講評]
すっかり上位入賞の常連となった同校ですが、今回も13名の共同製作による群像大作での入賞となりました。
前列には同校の特徴であるなめらかな曲面と、ニスによる美しい仕上げの楽器を弾くうさぎを、後列には近年見るようになったカンナくずをはり付けた造形による歌手兼ダンサーを配列し、いずれも動きがあり、手の込んだていねいな仕事が成されています。アップテンポの音楽が聞こえてきそうな楽しい作品です。それだけに、もうひと工夫、どこかに動く仕組みがあれば申し分なかったのですが。
(彫刻家 磯尾 隆司)


続いての、準グランプリ(兵庫県知事賞)は、「くるくるかたつむり」
板垣 匡哉さん(東京都立工芸高等学校 3年生)
準グランプリ くるくるかたつむり.jpg
〔作者コメント〕
かたつむりのなめらかでゆっくりとしている感じをイメージしながら、製作しました。 また、割れている所や節はあえて手を加えず、自然に生きるかたつむりを表現しました。殻の部分は丸太でできていて、表面を削ったり中をくりぬく作業が大変でした。
[審査講評]
木の素材を生かした素朴でかわいい存在感のあるかたつむりです。殻の中が回転し、デザインも工夫されボールも動くことによって、かたつむりの表現がより豊かになっている。このアイデアがすばらしい。
また回転軸が見えなくて、ブレのない滑らかな回転をする加工技術は高い。そして、丸太で殻を作り、その中を切り抜く作業は大変だったはずですが、そんな苦労を感じさせない爽やかな作品となっています。
(前西宮市中学校校長  岡本 悦司)

11月10日(日)、第32回丹波の森ウッドクラフト展 一般の部・ジュニアの部の表彰式を開催いたしました。
一般の部ジュニアの部とも、遠方からもたくさんの受賞者の方にご出席いただき感謝いたします。
受賞者のみなさま本当におめでとうございました!

DSC06397.jpg DSC06418.jpg DSC06462.jpg

big>
ジュニアの部の展示が本日から始まりました!

初日から、良いお天気で、木の館の入口からさしこむ陽射しが、会場を暖かくしてくれています。
会場では、出展いただいた全作品を展示しております。
子ども達の元気いっぱいな作品を是非ご覧になってください。

一般の部入賞作品12点の展示と、前年度(第31回)グランプリ受賞者による個展を同会場にて同時開催しております。


会期:令和元年10月27日(日)~11月10日(日)
         9:00~17:00(最終日15:00まで)

会場:兵庫県立丹波年輪の里木の館ホール


ウッドクラフト展 展示風景
↓↓↓
DSC06254.jpg

田中さん.jpg

DSC06266.JPG

お客様.jpg


今年も一般の部の展示期間中、来場者による人気投票を行いました。
入賞作品以外の中から、自分のお気に入りの作品を選んでいただき、最多票獲得作品の作者及び、投票者の中から抽選で1名様に、「丹波の銘菓」を贈るという賞です。

投票総数556枚のうち、最も多くの票が入ったのは・・・
【第1位】中田 義郎さん(大阪府)の作品 「ラフティング」
ラフティング.jpg

96票獲得

「ゴムボート」に見立てた6輪の車が、写真上部左側の出発点から、ジャンプ、ジグザグ落下、方向転換、でんぐり返しをして、最後はゆっくり静かな音を奏でながら下部右側到着点まで下り止まります。
遊ぶときは、出発点に「ゴムボート」を置き、ゆっくり跳ね上げ「ゴムボート」を落下させます。

投票者の声
・動くのと音を奏でる点がグッド!
・何回やっても心地よく、癒されます。木肌がやさしい。
・ゴムボートがひっくり返りながら進むのが楽しい。
・最後の木琴の音が好き。
・子供に買ってやりたくなるような作品。大人も子供も楽しめる。
・とても大きく、ダイナミックな動きがおもしろい。
・まだまだ進化しそうな作品。




次に票が多かったのは・・・
【第2位】加藤 清克さん(東京都)の作品「オリンピック(10点組作品)」
オリンピック(10点組作品).jpg

75票獲得

シンプル&ユーモア
ハンドルを回すと、10種類のオリンピック競技をそれぞれの動物がユーモアたっぷりに動きます。

投票者の声
・2020年東京オリンピックを盛り上げる作品。
・全ての動きがよく考えられていて魅力的。子供も夢中でした。
・やさしいフォルム。暖かみのある木肌の感じが良く、スムーズに動く。
・ひとつひとつ違った動きがおもしろい!
・10種類同じクオリティですごい!のひとことです。



続いて票が多かったのは・・・
【第3位】熊野 聡さん(宮城県)の作品 「食いしん坊に贈るお洒落なチョコ(12個組)」
食いしん坊に贈るお洒落なチョコ(12個組).jpg

39票獲得

木のショコラティエが作った本物そっくりのチョコレートです。
オルゴールになっているのでチョコレートの裏のキーを回せば音楽が鳴り出します。
人工甘味料や着色剤は一切使用していません。目を閉じて音を聴いてください。味と香りが漂います。

投票者の声
・本物のような作品。きれいでその上それぞれのチョコがオルゴールになっていて素敵でした。
・デザインと発想が素晴らしい!
・木だと分かっていても高級チョコレートを想像してしまいます。
・美味しそう。
・掘りの丁寧さ、美しさ、塗装の具合、宝石のようです。
・プレゼントされたい。欲しい。
・色々なオルゴールの曲が聴けるので良い。



【第4位】宮本 重信さん(兵庫県)の作品  「ゼンマイ時計(いい加減な45秒時計)」 
ゼンマイ時計(いい加減な45秒時計).jpg

37票獲得

100均のコンベックスのゼンマイを使った時計です。
ゼンマイの力で回転する雪だるまが障害物に捕まり柱時計の「がんぎ車」「アンクル」「振り子」の役目をします。
またゼンマイ式の蓄音機「ガバナー」も兼ね備えています。
材料が木材であることから精密さを追求することなく世界に一つの「いい加減な45秒時計」は20の駒が一回転すれば約15分です。

投票者の声
・非常によく考えてある緻密な作品。何を参考にアイデアが思いついたのかすごいの一言です。
・歯車の動きを計算しつくしてあり、おもしろくていつまでも見ていたいと思いました。
・カタチがやわらかく、動きものんびりしててずっと見ていたい気分になります。
・45秒のいいかげんさがゆったりしていて良い。
・ハートの枠の中で、機械的な動きが人のやさしさとクールな感情を表しているように思った。



続いて票が多かったのは・・・
【第5位】 24票 「森の音」 林 照翁さん (金沢科学技術大学校) の作品
森の音.jpg

オブジェにもなる木のおもちゃをめざしました。木の玉がスムーズに落下しながら、かろやかな音が鳴るのにはどうしたら良いか葉っぱの角度に苦労しました。
当初、外に玉が飛びでてしまうことを想定していませんでしたので、ガードレールをつけました。

投票者の声
・木玉が軽やかに落ちる音がとってもステキ。
・森の音が聞こえて心が和む。
・作りがとても丁寧。
・子供が一番気に入って遊んでいました。
・オブジェとしても良いし、楽しめる。
・音がとても良く、気持ちの良い作品でした。




以上、みんなが選んだおきにいり賞でした。

「おきにいり賞」に選ばれた中田 義郎さんと、投票者の中から抽選で選ばれた方には、地元丹波市の御菓子屋さん「明正堂」さんのお菓子の詰め合わせをお贈りしました。


第32回丹波の森ウッドクラフト展 ジュニアの部の入賞者を発表します。(敬称略)
受賞者並びに受賞校のみなさまおめでとうございます!

(なお、本展ホームページ、ブログでの写真付き入賞作品のご紹介は後日掲載いたします)

グランプリ(文部科学大臣賞)
作品名 十二しのゆらい
受賞者 大森 春菜(丹波市立南小学校 3年生)
共同制作者 母

準グランプリ(兵庫県知事賞)
作品名 森からのミュージック
受賞者 齋藤 優太、佐々木 智哉、浅田 龍也、河野 心、田村 真里奈、
保木 利仁、柴崎 海翔、奈良 好伸、山田 直人、渡辺 遥輝、綿引 海斗、
新井 陸、黒川 勝也
(埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園高等部産業工芸科 1,2,3年生)

準グランプリ(兵庫県知事賞)
作品名 くるくるかたつむり
受賞者 板垣 匡哉(東京都立工芸高等学校 3年生)

優秀賞(丹波市長賞)
作品名 あにまるトレイン☆
受賞者 後藤 愛実(愛知県立起工業高等学校 2年生)

優秀賞(丹波市議会議長賞)
作品名 花がらのトレイ
受賞者 若森 みずほ(丹波市立崇広小学校 5年生)

優秀賞(丹波市教育長賞)
作品名 犬のおやこ
受賞者 藤原 陽輝(丹波市立春日部小学校 3年生)

特別賞(三木工業協同組合理事長賞)
作品名 アニマルはんこかけ
受賞者 木下 凜々(東京都立工芸高等学校 3年生)

佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)
作品名 じょうろのおふね
受賞者 横田 瞳(愛知県立起工業高等学校 2年生)

佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)
作品名 ミニオンハウス
受賞者 宮﨑 奏(丹波市立中央小学校 3年生)

佳作(丹波の森ウッドクラフト展実行委員長賞)
作品名 どうぶつぺけぺけ
受賞者 尾関 一馬、深田 幸菜 (名古屋市立工芸高等学校 2年生

  学校賞((公財)兵庫丹波の森協会理事長賞)
受賞校 鳥取県日野町立根雨小学校

館長賞(兵庫県立丹波年輪の里館長賞)
作品名 十二支リレー
受賞者 河野 舞心(羽島市立中島中学校 2年生)


応募状況  出展作品数:165点、出展校数:19校

一般の部の作品の発送作業は10月9日に終了しました。
業者委託をご希望の出展者のみなさまには、ヤマト運輸にてお手元に届くと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
ジュニアの部の搬入が始まっています。

<ジュニアの部搬入>
10月14日(月・祝)まで


今年はジュニアの部の出展数も多く、にぎやかになりそうです。

作品のご紹介

| トラックバック(0)

第32回丹波の森ウッドクラフト展・一般の部の展示は明後日10/6(日)までです。
たくさんのご来場をお待ちしています。

出来る限りたくさんの作品の写真をご紹介したいと思います。
会場では「みんなが選んだおきにいり賞(丹波年輪の里 館長賞)」を実施しています。
選ばれた最多票獲得作品の作者及び、投票者の中から抽選で一名様に「丹波スイーツ」を贈ります。
書いていただいた作者へのコメントは直接作者の方へお送りいたしますので、見学にお越しいただいた際には是非ご協力ください!

DSC05913.jpg DSC05914.jpg DSC05915.jpg DSC05916.jpg DSC05917.jpg DSC05918.jpg DSC05919.jpg DSC05920.jpg DSC05921.jpg DSC05922.jpg DSC05923.jpg DSC05924.jpg DSC05925.jpg DSC05926.jpg DSC05927.jpg DSC05928.jpg DSC05929.jpg DSC05930.jpg DSC05931.jpg DSC05932.jpg DSC05934.jpg DSC05935.jpg DSC05936.jpg DSC05937.jpg DSC05938.jpg DSC05939.jpg DSC05940.jpg DSC05941.jpg DSC05942.jpg DSC05943.jpg DSC05944.jpg DSC05945.jpg DSC05946.jpg DSC05947.jpg

リンク先

丹波年輪の里

最近のコメント