メイン林産指導課の紹介木と住まいの情報 林産指導課ニュース人にやさしい木材塗料 ~木材塗料展参加企業の紹介など~MOK リバ工法 誕生! ~環境に優しい塗装下地処理技術~

MOK リバ工法 誕生! ~環境に優しい塗装下地処理技術~

大谷塗料株式会社(大阪市)は、環境負荷が少なく作業性の良い塗装下地処理工法「MOK リバ工法」を開発、今後広く普及していきます。
パンフレット(PDF)はこちらです。
パンフレット更新しました。(2010/12/4)

MOK_Riv-p1.jpg MOK_Riv-p2.jpg

この工法は、以前林産ニュースで紹介しました「グリーンブラスト処理」の名称が、事業化にあたり変更されたもので、今年6月に年輪の里木の館前にあるミニハウスやサイン類の再塗装にあたって使用しています。
植物材料の研磨剤を吹き付ける工法ですが、詳しくは、過去の記事を参照してください。

なお、この工法の特徴を再掲しておくと、

  • 従来の下地処理作業に比べて、作業時間が短いこと。(→メンテナンスコストの低減)
  • 手作業では届かない入り隅や材料の継ぎ目、ログの木口なども、ゴミを除去も下地処理と同時にできてしまうこと。(→再塗装や防腐処理が効果的に行える。仕上がりも美しくなる。)
  • 環境と人にやさしいこと。(→集客施設でもスケジュールしやすい)
などです。