メイン林産指導課の紹介木と住まいの情報 人にやさしい木材塗料 ~木材塗料展参加企業の紹介など~ >オスモカラー 屋外木部塗替えシステム ~日本オスモ株式会社~

オスモカラー 屋外木部塗替えシステム ~日本オスモ株式会社~

ドイツ生まれの自然系木材用塗料として有名な「オスモカラー」から、 建築学会建築工事標準仕様書JASS18のM-307屋外木材保護塗料塗り耐久性規格に適合した 屋外木部用保護塗料「オスモカラーウッドステインプロテクター」が発売されています。
日本オスモ株式会社では、塗替えの素地処理材「オスモウッドリバイバー」とセットで、 「オスモカラー 屋外木部塗替えシステム」として提案しています。
使用方法の概要は次のとおりです。
素地処理材: オスモ ウッドリバイバー
●生物分解するので環境にやさしい
 灰色化した木部のアクや汚れを落して、塗装に最適な素地を復活させます
●植物由来成分で
 塩素系化合物、アミノ酸化合物、PCPやPCBを使っていません
●素地ごしらえの方法
 ①木部を水で湿らせ、オスモウッドリバイバーを真水で1:1~1:5に希釈したものを刷毛、 またはスプレーヤーで塗布
 ②約15分おいてから、洗浄機で洗い流すか、シダブラシでこすり、真水で洗い流す
 ③塗装に適した状態になるまで乾かす(48時間以上)

屋外木部用保護塗料: オスモカラー ウッドステインプロテクター
●日本建築学会建築工事標準仕様 JASS18 M-307 屋外耐久性適合塗料  防カビ、防藻、防腐性能を有します
●浸透性に優れた自然の植物油が主成分
●主剤比率が高く、同等品の2倍の面積が塗装できる
 12㎡/L(2回塗り:新築塗装の場合)
●耐久性は同等品の2倍(塗替え年数4~6年)
①ウッドステインプロテクターを下塗りする
②12時間以上乾燥
③同色を上塗りする

New! 屋外木部用保護塗料: オスモカラー ウッドステインクリアープラス
●屋外木部のクリアー仕上げ(透明)が可能になった!
●ヨーロッパ規格 EN927-6(1,000時間促進耐候試験)に合格
●木部を紫外線から守る働きをするUVブロッカーが配合
●着色ではなく、自然木のままで木部の灰色化が進行することを防止
 防カビ、防藻、防腐効果もあります
●再生可能な自然の植物油をベースとしているので、浸透性が高く、木の呼吸を妨げず、メクレ、ハガレ、割れ、フクレが起こらない
●新築時のクリアー仕上げ(透明)はもちろん、現状の半透明着色塗装に上塗りすることによって、塗装を長持ちさせる用途にも使える

なお、同様な再塗装システムには、大谷塗料株式会社のエコブラスト木部塗装リフォームシステム があります。 年輪の里 林産ニュースでの紹介記事はこちらです。