メイン林産指導課の紹介ひょうごの木工・木製品 平成19年度こんな製品・会社もあります >第103号(P4) 音響調整パネル(丹波市)

第103号(P4) 音響調整パネル(丹波市)

 音響調整パネルは、単に穴あき板を利用すればよいと思われがちであるが、一種類の穴あき板(吸音材)では特定の周波数の音しか吸音せず、残響バランスが悪くなる。このため、音響設計では全音域(低音から高音)を使用目的や現場の状況にあわせて調整する必要がある。
 関西アコン(株)で開発した、穴の径とピッチの異なるパネルを組み合わせた「アコン音響調整パネル(ABパネル)」(特許登録済)は、20数年の実績があり、音響調整に優れ県内外の体育館やホール等の壁、天井等に利用されている。 aogaki.jpg
 従来の商品には、パネル表面にシナやタモの合板が使用されているが、今回、新たに表面にヒノキの間伐集成材を 使用した音響調整パネル「桧台」(450mm×1,800mm×12mm)を開発し販売した(実用新案登録済)。循環資源利用商品としてまた、地域産材を使用した建材内装材として、校舎、体育館、ホール、音楽室等での利用が期待される。
panel.jpg
関西アコン株式会社
〒669-3651丹波市氷上町氷上753
TEL:0795-82-1225
FAX:0795-82-8005
URL:http://www.acon.jp