メイン林産指導課の紹介ひょうごの主な木造施設 但馬 >あららぎ研修児童センター

あららぎ研修児童センター


1)施設名称、所在:あららぎ研修児童センター、養父市(旧関宮町)吉井
2)事業主体:養父市(旧関宮町)
3)オープン年月日:平成16年4月
4)設計事務所名、施工工務店名:設計・監理 (有)三竿修一建築研究所:施工 高柴商事(株)
5)主構造:木造平屋建(ロフト付)
6)延べ床面積:99.4m2
7)木材使用量:スギ :37.4m3(うち屋外:2.5m3)、ヒノキ:10.0m3(うち屋外:4.9m3)、ケヤキ: 0.1m3、計  :47.5m3
8)木材調達面に関する特徴
特記仕様書で但馬地方産出材を使用、出荷伝票で材料確認
9)木造・木質化に関する特徴
・但馬地方の主材種である杉を使った「スギ普請」(雨掛り部分などは除く)
・「重ね梁」「合わせ梁」などを採用し、大径木を使わずに曲げ耐力を確保
・応力の大きい柱・梁にスギ丸太を採用
・木製家具はすべて、スギ間伐材集成パネルを使用
・床板にスギの厚板を使用し、保温性、すべりにくさ、足触り感に配慮
・建具も地元建具業者による木製建具

(その他、建物の特徴)
・規模は小さくても、広がり感と透明感のある、明るい空間
・気軽に立ち寄れるよう屋外デッキ空間を設置し、屋内と視覚的にも空間的にも一体になるよう配慮
・合板、石膏ボードなどの工業製品をやめ、人と地球に優しい土塗り壁、珪藻土、スギ板など昔ながらの材料を使用