メイン林産指導課の紹介木と住まいの情報 木と住まいの相談 >杉と桧はなぜ価格が違うのですか?

杉と桧はなぜ価格が違うのですか?

杉と桧はなぜ価格が違うのですか?

コメント< (2)

丹波木の住まいの日:

一概にそれはいえません。化粧材の杉の中には、桧より価格が高いものがたくさんあります。また、桧よりも杉の方が生長が早く大きくなります。

「丹波木の住まいの日」の回答と同様で、一概にどちらが安いかは製品の種類などにより様々ですが、少しだけ補足説明します。
確かに価格は一様ではありませんが、一般的な木造住宅で使用される柱材を見ますと桧に比べて杉の価格はかなり安くなっています。
平均的な木造住宅で使用される長さ3mで10.5cm角の「杉の柱角」と「桧の柱角」では、一本当たりの杉の価格が1,500円、桧が2,600円と2倍近い価格差が見られます。その価格差の大きな要因としては次のことがあげられます。
1)桧に比べ、杉は成長が早く植林後40年程度で収穫できるが、桧は50〜60年以上かかる。
2)杉は九州から東北地方まで広範囲に植林され、桧に比べ資源量が豊富。しかし、外国産材の輸入増の影響などにより、近年の傾向として杉桧の価格差は縮まる方向にあります。

コメントを投稿