メイン林産指導課の紹介ひょうごの主な木造施設 林産指導課ニュースひょうごの主な木造施設林産指導課の紹介中・西播磨 >【大型混構造施設】神河町立神崎小学校・幼稚園、県産材で新築中!

【大型混構造施設】神河町立神崎小学校・幼稚園、県産材で新築中!

神河町では、旧粟賀中学校の跡地を活用して、粟賀小学校・幼稚園と大山小学校・幼稚園を統合した、神河町立神崎小学校・幼稚園を兵庫県産材で現在新築工事中である。

kanzaki-zenkei.jpg kanzaki-genkan.jpg kanzaki-sokumen.jpg kanzaki-ongakushitusoto.jpg kanzaki-youtien.jpg

工事内容
1 施設の名称:神河町立神崎小学校・幼稚園
2 施設所在地:神崎郡神河町粟賀町611
3 事業主体:神河町
4 実施工期:平成23年6月15日~平成25年2月28日
5 オープン予定年月日:平成25年4月1日
6 設計事務所、施工工務店
  設計・監理  株式会社内籐設計(小野市上本町) プロポーザル方式
  施    工  前川建設株式会社(加古川市野口町) 事後審査型条件付一般競争入札
  木    材  株式会社「木栄」(丹波市青垣町) 平成22年度に分離発注
7 主構造
  小学校:混構造2階建(1階RC・2階木造) 5,320㎡
  幼稚園:混構造平屋建(RC・木造) 1,062㎡
8 木材使用量
  総木材使用量  1,282.8㎥
   内訳 分離発注分  1,163.2㎥
       施工工事分    119.6㎥
9 木材調達面に関する特徴
  総木材使用量1,282.8㎥の内 1,163.2㎥は平成22年度に「(株)木栄」に分離発注した。(荒製材・機械乾燥・割止め、保管管理まで) 分離発注残119.6㎥は建築工事の中で調達、木材は特記仕様書で全て県産材とし「県産木材証明書」の提出を明記。
10 施設の特徴
  当初木造平屋建て校舎の建築を希望していたが、敷地が狭く2階建とした。
  消防法のクリアや工事予算を考慮して1階を鉄筋コンクリート、2階を木造としているが、1階部分についても床、壁、天井、建具等木材をふんだんに使用して、鉄筋コンクリート造りを感じさせない暖かくやさしい雰囲気を作り出している。特に各教室ではワークスペースを設けるなど、学校環境やデザイン的な工夫が盛り込まれている。
  また、小学校校舎屋根には太陽光発電施設が設置され、自家電力により各教室等の照明や冷暖房に活用。
  なお、使用している木材は廊下、各室の床材と階段の床をヒノキ材で、他の丸太・構造材・内装材はスギ材を使用。スギ大断面集成材は、小学校の音楽室及び幼稚園の遊戯室で使用し大スパンを確保している。

kanzaki-genkannaibu.jpg kanzaki-rouka1.jpg kanzaki-rouka2.jpg kanzaki-kyoushitu.jpg kanzaki-tokubetukyoushitu.jpg kanzaki-ongakushitu.jpg kanzaki-yuugishitu.jpg

今後の予定  開校式 平成25年3月31日午前  見学会 平成25年3月31日午後
なお、今回の建設工事は文部科学省の助成を受けて実施している。