メイン林産指導課の紹介ひょうごの主な木造施設 中・西播磨 >波賀町立メイプル福祉センター

波賀町立メイプル福祉センター


1)施設名称、所在:波賀町立メイプル福祉センター、宍粟郡波賀町安賀
2)事業主体:波賀町
3)オープン年月日:平成16年6月
4)設計事務所名、施工工務店名:設計・監理 (株)内藤建築事務所関西支社、施工 松本・シンク・神路特別企業体
5)主構造:木造平屋建 一部RC造
6)延べ床面積:1377m2
7)木材使用量:292m3(スギ245m3、ヒノキ14m3、その他33m3)
8)木材調達面に関する特徴
特記仕様書で出来るかぎり町内産利用を明記
9)木造・木質化に関する特徴
 波賀町の保健・福祉の拠点施設となる本施設は、「木の町」波賀町を象徴する役場の木造建築とともに、木造建築の可能性を将来へ継承し、山村の活性化にも期待することから、木造建築としています。
 施設を象徴する大樹の広場は、杉の大樹による大黒柱から放射状に延びる横架材により、12角形の大空間を演出します。
 外装には町内産杉材による下見板張りと、硝子や金属などを用いて現代的な意匠とすることで伝統的ななかに新しさを表現しています。
 一般部分は無柱空間を実現するために、7.2 mを超える架構が必要となり、経済性及び町内産杉材の使用拡大を実現する"小屋組(トラス)架構"を採用しています。

 平成16年度県産木材需要拡大優良事例コンクール
 優秀賞(県議会議長賞)受賞

*関連記事