メイン林産指導課の紹介ひょうごの主な木造施設 神戸、阪神、東・北播磨 >なごみの里 山都

なごみの里 山都


1)施設名称、所在:交流活性化センター、八千代町大和
2)事業主体、事業名称:八千代町、木のふれあい空間整備促進緊急対策事業
3)オープン年月日:平成15年4月
4)設計事務所名、施工工務店名:(株)ケイ設計、三和建設(株)
5)主構造:木造平屋建
6)延べ床面積:430m2
7)木材使用量:111.74m3 地域材(ヒノキ、スギ)を使用
8)木材調達面に関する特徴
加古川流域材を使用
9)木造・木質化に関する特徴
成熟したヒノキを集成材のラミナとして活用を図る。また、併せて隣接する体験交流施設(690m3)にも地域産材のスギ、ヒノキを内外装材として使用している。