メイン林産指導課の紹介ひょうごの主な木造施設 平成20年度神戸、阪神、東・北播磨 >第109号(P1) 兵庫県立宝塚西谷の森公園

第109号(P1) 兵庫県立宝塚西谷の森公園

 平成20年7月に、兵庫県立宝塚西谷の森公園が宝塚市境野字保与谷に開園した。
 この公園は、兵庫県が勤労者をはじめとする県民の文化・スポーツ・レクリエーション活動を促進するCSR施設として整備したもので、宝塚市北部の西谷地区に残された自然を貴重な財産と捉え、県民の参画と協働により、守り、育て、楽しみ、学べる都市近郊型里山公園として位置付けている。
 公園は「西の谷エリア」「東の谷エリア」「森林エリア」から構成されている。
 「西の谷エリア」では北摂地域の伝統的な農村風景を再現するため、萱葺きの農舎が整備されている。エリア内は、里山の生物を育むためのビオトープ、ジーンファームが整備され、田んぼや畑、果樹園で農業体験を楽しむことができる。
IMG_109-1-1.jpg  「東の谷エリア」には管理棟が整備されている。管理棟は「西の谷」の農舎とは対照的に、萱葺き民家を現代的にアレンジした設計となっており、周囲との一体感を目的とした屋上緑化、太陽光パネルの設置、県産スギによる大断面集成材を構造材に用いた事が特徴としてあげられる。
 エリア内は、水辺の遊歩道が整備され、水辺や湿地・森林に生息する動植物を観察することができる。
 「森林エリア」では東屋や展望台(標高約350m)が整備され、公園の全景を展望できるほか、六甲山や遠くは大峰山を見渡すことができる。
IMG_109-1-2.jpg 規模(延床面積)
  管理棟 345.6㎡
  農 舎  147.5㎡
使用木材
 主な施設で使用した木材の総量は164m3(県産材使用率100%、主にスギ材を使用)。内訳は次のとおり。
  管理棟
    構造材 93 m3
    内装材 11 m3
  農 舎
    構造材 55 m3
    内装材 5 m3
基本設計・監理  兵庫県(県土整備部)
実施設計  ㈱山本設計(神戸市)
東の谷拠点施設
  建築工事 ㈱光邦建設(尼崎市)
  電気設備 つかさ電機(伊丹市)
  機械設備 甲武設営㈱(尼崎市)
西の谷農舎
  建築工事 ㈱ヴィンテック(三田市)
  電気設備 光電気工業所(三田市)
  機械設備 ㈲多紀水工(篠山市)

兵庫県立宝塚西谷の森公園
宝塚市境野字保与谷14-1
TEL 0797-91-1630