メイン林産指導課の紹介情報誌 「林産だより」 平成20年度木の家こだわリスト >第106号(P2) 木の住まい「ピノキオ」
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~

第106号(P2) 木の住まい「ピノキオ」
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~

グループの概要
 木の住まい「ピノキオ」は、丹波地域をメインに活動する工務店、住宅関連業者等13社で構成され、平成12年4月に設立された。
 『住宅を長持ちさせるためには、日頃の維持管理が非常に大切。地域の工務店は維持管理、瑕疵の義務、「住まいのよろず相談所」として住宅に関する様々な役割を担う必要がある。』として、後継者の育成とハウスメーカーに対抗できる営業基盤づくりを目指して活動している。
活動内容
エンドユーザーへの情報発信
 丹波年輪の里の恒例行事となっている「木木市(DIY向けの木材や端材等が手ごろな価格で購入できる)」では、木材のカットサービスやDIY相談を行う等、木の良さの普及啓発、生活に木材を取り入れる方法をアドバイスするなど、地域に根ざした活動に取り組んでいる。

pinokio2.jpg

兵庫県産木造住宅コンクール受賞
 平成16年度に実施された「兵庫県産木造住宅コンクール」ではグループの構成員が優秀賞を受賞した。受賞作品のコンセプトは「産地の見える家づくり」で、使用木材の大半を建築主と施工者、木材提供者が山で一本一本選木して建築した。

pinokio1.jpg

今後の取組み
 ハウスメーカーに対抗する営業基盤を確立するため、この数年休止していた「住まいの相談会」の定期開催を再開するほか、新たな顧客を開拓するため、ホームページの開設やDIY研修会を検討する等、より一層活発な取組みを計画している。

木の住まい「ピノキオ」
 代表 宮下 勝美
 兵庫県丹波市春日町古河458の2
 電話(0795)74-3160