メイン林産指導課の紹介情報誌 「林産だより」 平成21年度国産材・県産材を活かす情報 >第111号(P1) 無垢の木・元気の家  ヨドプレ㈱ ~地域木造住宅市場活性化推進事業の取り組み~

第111号(P1) 無垢の木・元気の家  ヨドプレ㈱ ~地域木造住宅市場活性化推進事業の取り組み~

無垢の木・元気の家  ヨドプレ㈱
地域木造住宅市場活性化推進事業の取り組み

県内プレカットの大手ヨドプレ株式会社(加西市)が国産無垢材にこだわった家づくりを進めている。
ヨドプレは月間1万坪の供給力を持つプレカットメーカーであるが、同社の高いプレカット技術を活かし、県産材も視野に入れたオール国産無垢材の木造住宅を提案し、平成20年度地域木造住宅市場活性化推進事業に採択され、3月には同社敷地内にモデル住宅を竣工、PRイベントを開催して、ヨドプレのやる気を関連業界へ強くアピールした。

yodopre_1.jpg

1.プレカットならではの高性能住宅

国産スギ材で丈夫な構造とするため、大黒柱を6寸とするほか、桁材の長さを3mに留めることでたわみを抑えつつ、部屋は狭くしない工夫をしている。
構造材の接合は、無垢材に最適化された金物を使ったロケット工法を採用。
断熱は、ヨドプレオリジナルの「サットパネル21」。これは、構造用合板に発泡系断熱材を貼り付けたパネルで、プレカットCADとの連携で、個々の住宅で異なる間柱の間に隙間なく収まるもの。
モデルハウスでは、スギの3層パネルを柱に落とし込み、内壁とした真壁仕様になっており、サットパネル21との組み合わせにより高い断熱性、遮音性を実現している。
長期優良住宅、全建連の「ちきゆう住宅国産材モデル」にも対応。

yodopre_2.jpg

2.「無垢の木・元気の家」 普及推進協議会

地球環境、森林伐採問題から国産材が見直され、地産地消意識の高まりから消費者の志向が、外材よりも国産材を、集成材よりも無垢の木材を、という環境配慮型本物志向に変わってきている。
ヨドプレはこれまでの経験を活かし、高品質な国産無垢材木造住宅を多くの人々に届けたい、という気持ちを形にするため、趣旨に賛同する有志により、「無垢の木・元気の家」普及推進協議会を設立した。
7月には施工メンバーの第一次募集を行い、「無垢の木・元気の家」ブランドが本格的にスタートする。