メイン林産指導課の紹介 >兵庫県立一庫公園のWood Cube(ウッドキューブ)

兵庫県立一庫公園のWood Cube(ウッドキューブ)

  兵庫県立一庫公園のネイチャーセンターに、木々と触れ合いながら遊べるコーナーが設置されました。  兵庫県森林組合連合会および農林中央金庫大阪支店から、大建工業株式会社の協力を得て平成28年度末に兵庫県に寄贈されたもので、地域産材で構成された立方体(wood cube:ウッドキューブ)の中に、床を敷いた構造となっています。積み木の貸し出しもあり、子供たちが木材と触れ合いながら遊べる空間となっており、今後は「ひょうご木づかい王国・一庫公園校舎」としても活用されます。
ウッドキューブが設置されている兵庫県立一庫公園のネイチャーセンターは「地域の自然と文化を伝える自然学習の場」で一庫炭に関する資料の展示など、情報発信の拠点施設となっているほか、公園内には森の小道、森の広場、丘の流れ、自然観察の森といった子どもたちが地域の自然に育まれた木々と触れ合いながら遊べる場所です。

DSCF6034_R.JPG DSCF6026_R.JPG DSCF6025_R.JPG DSCF6029_R.JPG DSCF6027_R.JPG P1090257.JPG

※「ウッドキューブ」とは・・・・柱状集成材を用いた木製フレームで構成された木質空間ユニットで既存の建築躯体に固定しない大型家具。内装制限にとらわれず、短期間で内装を木質化できることからビルテナント内の施設・店舗等での採用が期待されます。