メイン林産指導課の紹介 >コナラ・クヌギを使用したフローリング・フリー板
                  ~しそう森の木~

コナラ・クヌギを使用したフローリング・フリー板
                  ~しそう森の木~

 株式会社しそう森の木では、コナラ・クヌギの材を使用したフローリング・フリー板を開発し、販売を開始しました。
 日本産の広葉樹材といえばクリ・タモ・ケヤキ・ミズナラなどが代表ですが、コナラ・クヌギ材もミズナラに比べても緻密で、虎班などの杢や、高い質感と優れた意匠性もあり、また塗料のりもよく釘の保持力もある高級建材といえます。

 しかし、コナラ・クヌギ材は乾燥過程で反りやねじれが大きく、乾燥後も湿気等で変形するなど、建材として利用が難しかった。試行錯誤を重ね研究の結果、製材過程を工夫し遠赤外線による低温乾燥、幅はぎや積層することで品質的にも価格的にも十分使用に耐えうる商品化ができたとのこと。「家具や天板などにも使用でき、ミズナラにも負けない質感や味わいを感じてもらいたい。」と三渡常務は熱く語っていました。
    フローリング             フリー板
morinokifuro.jpg morinokihuri.jpg

  蓄積量はスギ・ヒノキに次いで多いといわれ、萌芽更新も容易で原木の安定供給が可能と思われるコナラ・クヌギも、経済的価値を失った現在、高樹齢化が進んでいます。またナラ枯れの被害も発生するなど荒廃も進んでおり、里山林の整備と更新による健全化は緊急の課題です。
  枝はシイタケの榾木として利用されるものの、幹は現地に放置されている現状にショックを受けられました。雑木に付加価値を付けて売ること、それも素材業だけが、製材業だけが儲かるのではなく、山村にお金を落し地域創成の推進に結びつくことが必要です。

  チップを扱う製材所が適期に伐採した適寸良材を供給してもらう。コナラ・クヌギは辺材にでんぷん質を含むため、キクイムシの被害も受けやすいので不適な材も多く出ます。提携するチップ製材業者は不適な材はチップとして利用できるため、適材部位を納材することが可能となり、商品化ができたとのことです。

  製造元 株式会社 しそう森の木(宍粟市山崎町横須313-1 tel 0790-63-1819)