メイン林産指導課の紹介 >【木造公共施設】~播磨科学公園都市第5期住宅集会所”木造で完成”~

【木造公共施設】~播磨科学公園都市第5期住宅集会所”木造で完成”~

 この施設は、兵庫県企業庁が 「光都21」 第5期1次菜園付き住宅の集会所として建てられました。建物本体に県産木材を 「ふんだん」に使用していることから、一時的に県産木材の普及啓発スペースとしても活用されます。集会所のフローリングにはヒノキ材を使用しているため、集会所一杯にとてもいい香りがしています。
 また、集会所に隣接した広さ6haの場所に 「企業庁メガソーラープロジェクト」 による太陽光発電所が稼働しています。この太陽光パネルを支える木製架台も、兵庫県産材 (スギ間伐材) が使用されており、集会所と相まって小中学生の児童生徒を対象とした環境学習等に活用されます。
施設の概要
1 施設名称,所在 : 播磨科学公園都市第5期住宅集会所 たつの市新宮町光都2丁目
2 補充事業名 : 平成25年度繰越森林林業緊急整備事業(木造公共施設等整備)
3 事 業 主 体 : 兵庫県企業庁(地域整備課)
4 事  業  費 : 46,164千円 補助金 31,716千円(林野庁補助)
5 実 施 工 期 : 平成26年8月27日~平成27年2月22日
6 オープン年月日 : 平成27年4月1日
7 設計・監理事務所、施工工務店
   設計・監理  兵庫県住宅供給公社(神戸市)
   施    工  有限会社 koji (赤穂市)
8 主 構 造 : 木造平階建  延床面積 200㎡
9 木材使用量 : 43㎥ 内県産木材 41㎥(県産材率95%)
   ・構造材、内装材  スギ材及びヒノキ材を使用
   ・内装の床材及び外壁材  ヒノキ材を使用
10 建築物の特徴
   ・建物は在来軸組み工法で建築されている。
   ・差し掛け屋根で、玄関ホール等明るい光線を取り入れている。
   ・当施設では、従来強度面で心配のあったスギ材を構造材(横架材の梁・桁)として活用するため、
    「高強度梁仕口」“但馬テイポス”の技術を導入し材を現しとしている。
   ・使用木材(構造材、造作材、板材、建具)は県産材を使用している。
   ・横架材(梁・桁)は「大野製材所」が作製したスギ集成材を使用している。
   ・玄関ホールは天井仕上げを行わず、梁、小屋組を見せると共に、差し掛け屋根を活用した窓により、
    採光性も高く開放的な空間を実現している。
   ・建物の外側にテラスや濡れ縁を設けている。
   ・内装及び外装の木材は、全て木材保護塗装が処理がなされている。
   ・室内の冷暖房吹き出し機をスギ材で囲っている
11 木材調達面に関する特徴
   ・木材は工事施工者が調達
   ・特記仕様書で県産材の使用を明示し、県産材証明書で確認
12 播磨科学公園都市 「光都21」 第5期宅地分譲概要
   「菜園付き住宅」で、週末は家族、友人と家庭菜園、ガーデニングを !!
   名称 : 播磨科学公園都市 「光都21」第5期1次
   特色 : 菜園付住宅用地、敷地面積400㎡、概ね100㎡の菜園を整備
   詳しいことは下記サイトで確認してください。
    外部サイトへリンク

     全  景
kouto1.jpg kouto2.jpg
     外  観
kouto3.jpg kouto4.jpg kouto5.jpg
     内  部
kouto6.jpg kouto7.jpg kouto8.jpg