メイン林産指導課の紹介 >【木造施設】~伝統的な町家をイメージした木造店舗~(伊丹市)

【木造施設】~伝統的な町家をイメージした木造店舗~(伊丹市)

 伊丹市の酒蔵通りに伝統的な町家をイメージした木造の飲食店がオープンしました。伊丹酒蔵通りには伝統的な酒蔵や社寺、町屋などがあり、また、伊丹酒蔵通り都市景観形成道路地区として、新しい建物も歴史的な景観の良さを取り入れたデザインで再生・創造することになっています。
 今回オープンした建物は、店舗のオーナーが周囲の街並みとの調和をかんがみ、再生可能で環境に優しい自然素材である木を使い、日本古来の伝統工法の一つである「軸組工法」真壁納まりづくりをベースとした和風の建物です。 

      全景
itami.jpg itamizenkei2.jpg

   外観                         内部
itamimae.jpg itaminoki2.jpg itaminaibu2.jpg itaminaibu3.jpg

施設の概要
 1 施設の名称、所在 : タリーズコーヒー伊丹店・イタリアンレストランgrazie(グラーツィエ)
                  伊丹市中央3丁目5番1号
 2 事業主体 : 伊丹産業株式会社
 3 工事期間 : 平成26年7月15日~平成26年12月10日
 4 オープン年月日 : 平成26年12月20日
 5 設計・監理、施工者
    設計・監理 : 住友林業株式会社
    施    工 : 住友林業株式会社
 6 主要構造 : 木造平屋建  延床面積 495.68㎡
 7 木材使用量 : 70㎥ (構造材はレッドウッド構造用集成材、越し屋根はスギ板張)
 8 建築物の特徴
   ・伊丹郷町地区の景観にマッチした建築物
    伝統的な木造の酒蔵や木造の社寺が立地する伊丹酒蔵通りの中心に位置するため、古くからの街並み
    との調和を優先に設計施工されている。
   ・木造での大空間の建物
    建物内部は木構造現しの真壁造り、平均高4.1mの吹き抜け天井で、構造用修成梁で作る登り梁で支
    える。レストランとは平面的には独立しているが、屋根裏は54mの吹き抜けでくつろぎの空間を演出。
   ・開放感あふれる壁構造と町家のイメージ
    外部面には極力耐力壁を配置せず、大型のガラス窓を配置し開放感を高めるとともに、軒は南北両面
    とも深くし、屋根は淡路産いぶし瓦、軒先一文字葺き、越し屋根を載せた町家のイメージとなっている。
   ・木材の塗装
    建物の保存性向上のため、構造材、軒天、構造用合板下地には、オスモ&エーデルの木材保護塗料「ワ
    ンコートオンリー」を塗布している。
 9 施設(店舗)の利用
    建物は「タリーズコーヒー 伊丹店(12月20日オープン)・イタリアンレストランgrazie(グラーツィエ)
    (1月9日オープン)」として営業