メイン林産指導課の紹介 >「ひょうご・木づかい王国カーニバル」が開催される

「ひょうご・木づかい王国カーニバル」が開催される

 神戸ハーバーランド・スペースシアターに子供たちがつくった巨大な“木の王国”が出現しました。
 この催しは、「木材利用ポイント事業」の普及啓発及び、木の良さ等の地域材利用のPRの一環として、ひょうご木材利用ポイント推進会議が11月29日・30日の2日間開催したもので、巨大な‟木の王国”=「ひょうご・木づかい王国」が展示されました。
 「ひょうご・木づかい王国」は、子供たちが兵庫県産材の端材で作った積み木を使って、15センチ四方の台紙の上につくった約400戸の「夢の家」を、兵庫県をかたどった10m×7mの大きな土台の上に並べたもので、ワークプラザは県下7か所で実施したものです。
 土台の上には、ポートタワー、姫路城など県下各地のランドマークも置かれていました。
 また、その場で車や船をつくって参加できる「ワークショップコーナー」のほか、木で遊ぶ「木の縁日コーナー」や、木の玩具などの「販売コーナー」、兵庫県産材を使った木造住宅建築の担い手「ひょうご木の匠コーナー」も設けられました。子供たちも、輪投げなどのゲームでゲットした会場内通貨「モック」で買い物を楽しんでいました。
 子どもたちの創造性・個性あふれる「夢の家」を見ていただくとともに、改めて「木のぬくもり」を感じてもらえる機会となりました。

kidukai1.jpg kidukai2.jpg kidukai5.jpg kidukai6.jpg