メイン林産指導課の紹介 >【新着図書紹介】 「樹木の葉」

【新着図書紹介】 「樹木の葉」

本日の新着図書は、次の1冊です。
【樹木の葉】 ~山渓ハンディ図鑑14~
実物スキャンで見分ける1100種類 林 将之 著
 実際の葉をスキャンして、その特徴を分かりやすく解説した図鑑です。『フィールドガイド23 葉で見分ける樹木(増補改訂版)』(小学館)などを次々と出して、こうしたタイプの図鑑の姿を確立させた 林将之 さんの新著、『山渓ハンディ図鑑14 樹木の葉 実物スキャンで見分ける1100種類』が刊行された。
 今回の『樹木の葉』では画像掲載が約1140種類(説明文での紹介は約1500種類)にのぼっている。スキャンした画像は、カメラで撮影した写真と比べると全体にピントが合っているため見やすく、スキャン時に葉を押しつぶさないようにすることで立体感や質感も実物に近く再現できるため、識別に役立つ利点が多いとされる。
 「樹木の葉』の説明文では、葉の周囲にある鋸歯の状態、毛や蜜腺の有無など、樹木を見分ける際のポイントとなる点も細かく記してある。さらに野外で撮影された樹皮や花序など、樹木の特徴を伝える写真も豊富だ。分類体系は、DNA解析による最新の情報(APGⅢ)が採用されている。とてもたくさんの種類が掲載されているため、初心者が使いこなすのはたいへんそうだが、巻頭には主な掲載種の葉の画像一覧があり、まずこれを調べたい葉と比べることで、候補になる種類を絞り込めるという工夫もなされている。
発行所 株式会社山と渓谷社

丹波年輪の里 木の館には図書コーナーがあり、 いまでは廃刊となった雑誌から建築関係の月刊誌まで、 DIY好きの方や、家づくりに取り組む方にとっては、 よい情報源となっています。
この図書コーナーを、より多くの皆様にご利用いただくため、 新着図書の紹介をしています。
貸し出しもしていますので、ぜひご利用ください。