メイン林産指導課の紹介 >【新着図書紹介】 「森林の国富論」

【新着図書紹介】 「森林の国富論」


div> 本日の新着図書は、次の1冊です。
【森林の国富論】 森林「需要」再生プラン ー雁金敏彦著ー
 著者の雁金敏彦氏は、多数の行政・企画のプロジェクトに参画する社会構造解析の専門家、本書の中でも、日本の森林、林業、木材業界を取り巻く多くの課題について、高度成長時代を支えたオート三輪の開発や、北米大陸での地下水枯渇など、様々な事例を引き合いに出しながら問題の焦点に迫る切り口は、異分野の著者ならでの視点で新鮮だ。
 今後の木材流通にはバーチャルマーケットのような高度な情報システムの活用が重要だ、と言った具体的な提案も随所に織り込まれている。
目次
  第1章 始発点
  第2章 森林戦略の破綻
  第3章 相克の才能
  第4章 山河治らず
  第5章 水争いの再現
  第6章 アールヌーボー
  第7章 新戦略の形成
  第8章 近代の迷宮
  終章  不死の転論
 
発行所 風詠社

丹波年輪の里 木の館には図書コーナーがあり、 いまでは廃刊となった雑誌から建築関係の月刊誌まで、 DIY好きの方や、家づくりに取り組む方にとっては、 よい情報源となっています。
この図書コーナーを、より多くの皆様にご利用いただくため、 新着図書の紹介をしています。
貸し出しもしていますので、ぜひご利用ください。