メイン林産指導課の紹介 >道の駅「あまるべ」 ~木造公共施設~ (香美町)

道の駅「あまるべ」 ~木造公共施設~ (香美町)

 新しいJR山陰本線余部橋梁を見上げる位置に、道の駅あまるべが完成した。
山陰本線の名所であった余部鉄橋の架け替えや、鳥取豊岡宮津自動車道が整備される中、新余部橋梁の価値を活かし、余部地区の新たな活力を生み出す拠点として整備された。海の幸を活かしたし食事を提供するほか、地元産農産物や魚介類を販売する。

 「道の駅あまるべ」全景
amarube-zenkei.jpg
 地域情報コーナーでは、旧余部鉄橋の模型や歴史を紹介したパネルの展示、ビデオの上映も行っている。 amarube-jyouhou.jpg amarube-jyouho2.jpg

「道の駅あまるべ」内部
amarube-rouka.jpg amarube-naibu.jpg amarube-shokudo1.jpg

1)施設名称、所在:道の駅 あまるべ 美方郡香美町余部
2)事業名: 地域振興施設・簡易パーキング施設
3)事業主体: 香美町
4)オープン年月日: 平成24年7月8日
5)設計事務所、施工工務店名
設計・監理: 高村設計事務所(美方郡香美町香住区)
施工: 中村組・伊藤組特別共同企業体(美方郡香美町香住区)
6)主構造:木造平屋建
7)延べ床面積: 390㎡
8)木材使用量: 104.2㎥ 内県産木材20.6㎥(県産材率20%)
9)施設の特徴
 日本海の潮風を直接受ける位置にあるため、塩分に対する耐久性等を考慮して、建築物の基本は木造とした。外観は船小屋をデザイン、できるだけ木材を使用する事とし外装及び内装の壁には県産スギ材を使用している。
 建物は県土木事務所の簡易パーキング施設である道路情報コーナー・休息コーナー・トイレと、香美町の特産物直売所・食堂・休息室が併設されている。
 内部は天井を貼らず、梁、桁、小屋組が見える構造となっている。構造材は米マツであるが、一部地元産の丸太も使用、情報コーナーの床も木材を使用している。