メイン林産指導課の紹介 >障害者支援施設 みどり荘 ~改装木質化~  (相生市)

障害者支援施設 みどり荘 ~改装木質化~  (相生市)

 みどり荘 全景(既存建物)
midori-zenkei.jpg
  みどり荘 玄関ホール             廊  下                居   室
midori-ho-ru.jpg midori-rouka.jpg midori-kyoshitu.jpg

1)施設名称、所在:障害者支援施設 みどり荘、相生市若狭野町雨内
2)補助事業名: 森林林業緊急整備事業(国庫)
3)事業主体: 社会福祉法人 みどり福祉会
4)オープン年月日: 平成24年3月1日
5)設計事務所、施工工務店名
  設計・監理: 河崎一級建築設計事務所(姫路市御国野町)
  施工:     株式会社 宮本組 (神崎郡神河町)
6)既存構造: 鉄筋コンクリート2階建(延床面積 1,791㎡) 平成5年4月オープン
7)木質化面積: 2,488㎡(床 1,791㎡・腰壁 657㎡)
8)木材使用量: 46.5m3 内県産木材 46.5m3(県産材率100%)
9)木材調達面に関する特徴
宍粟市内のスギ原木を伐採加工し使用。特記仕様書に県産材の使用を明記(県産材証明で確認)
10)施設の特徴
 改装前の施設の床及び壁は、コンクリートの仕上げ面に長尺シート張り(床)とクロス張り(壁)となっていたが、施設利用者の方が転倒・頭打しても安全・安心できる木質に改装した。合わせて木材の特徴である消臭効果や除湿効果等で、利用者に衛生的で温かみのある環境を提供している。なお、木質化された施設は、障害者(身体・知的・精神等)の方々の生活の場として、温かく、安心、安全な住環境となり、同施設で運営している短期入所事業の方々にも幅広く利用していただける施設となっている。

midori-kaigishitu.jpg midori-rouka2.jpg midori-senmen.jpg
      会議室                廊下手すり                洗面所