メイン林産指導課の紹介 >まちの駅・たか ~木造施設~  (多可町)

まちの駅・たか ~木造施設~  (多可町)

まちの駅・たか 全景
takaeki-shoumen.jpg takaeki-iriguti.jpg

1)施設名称:まちの駅・たか
2)施設所在:多可郡多可町中区岸上
3)事業主体: 多可町
4)オープン年月日: 平成24年4月29日
5)設計事務所、施工工務店
設計・監理: 石塚設計建一級築設士事務所(多可町中区)
施   工 : 交陽工業株式会社(多可町中区)
6)主構造:木造平屋建 延べ床面積:232.81㎡
7)木材使用量: 43㎥ 内県産木材43㎥(県産材率100%)
8)木材調達面に関する特徴
多可町は県下でも有数のスギ・ヒノキ産地である多可町産材を積極的に使用した。特記仕様書に県産材の使用を記載(県産材証明で確認)
9)施設の特徴
近年北播磨地域を訪れる人は増えており、特に日帰りでの観光客が多い。このため、本施設を多可町の観光総合案内所として、また酒米山田錦の発祥の地を広くアピールし、町内産山田錦の酒をはじめ、多可町の物産を買うことができる物産展示・販売拠点とすると共に、木の町にふさわしい木造施設とし、訪れる方々に木のぬくもりが伝わるよう、内装や備品についてもスギやヒノキを使用した木質化を図っている。

      内  部 
takaeki-naibu.jpg takaeki-naibu2.jpg takaeki-naibu3.jpg takaeki.jpg