メイン林産指導課の紹介 >豊岡市立小野地区防災拠点交流施設 ~木造施設~  (豊岡市)

豊岡市立小野地区防災拠点交流施設 ~木造施設~  (豊岡市)

ono-zenkei1.jpg ono-zenkei.jpg ono-genkan.jpg
豊岡市立小野地区防災拠点交流施設 全景

1)施設名称、所在:豊岡市立小野地区防災拠点交流施設、豊岡市出石町
2)補助事業名: 森林林業緊急整備事業他1事業(国庫・県単)
3)事業主体: 豊岡市
4)オープン年月日: 平成24年4月
5)設計事務所、施工工務店名
 設計・監理: 森本建築設計室(豊岡市出石町)
 施工: 建築 (株)川見建設 (豊岡市出石町)
      電気施設 白菱電機設備(豊岡市)
      機械施設 (有)イワミ技研(豊岡市出石町)
      木材 木材コーディネーター NPO法人 サウンドウッズ(丹波市)
          木材調達 北但東部森林組合(豊岡市)
6)主構造:木造平屋建
7)延べ床面積: 369㎡
8)木材使用量: 100m3 内県産木材100m3(県産材率100%)
9)木材調達面に関する特徴
使用木材は建築費から分離発注され、木材コーディネーター(サンドウッズ)の指示に基づき、地元の「北但東部森林組合」が原木伐採、製材加工、乾燥工程を経て納材した。(地産地消)
10)施設の特徴
 本施設は地域の防災力の強化、地域コミュニティの場、地域力の向上などの様々な効果と、地域産材の利用で地域の森林を守り育てることとなり、市民の林業振興に対する意識啓発促進が図れると共に、地域のシンボル的施設となっている。なお、使用木材(構造材・内装材)は全て地域のスギ・ヒノキが使用されており、これら木材調達のため、木材全てに精通した木材コーディネーターを採用し、スムースに地域産材活用が図られている
ono-iriguti.jpg ono-tenjyou.jpg
ono-houru1.jpg ono-houru2.jpg
建築中の状況
ono-keika1.jpg ono-keika2.jpg