メイン林産指導課の紹介 >兵庫県立西宮高等学校講堂 (改修 木質内装)

兵庫県立西宮高等学校講堂 (改修 木質内装)

兵庫県立西宮高等学校 講堂外観
nishiko-gaikan.jpg

1)施設名称: 兵庫県立西宮高等学校 講堂
2)施設所在: 西宮市上甲東園
3)事業主体: 兵庫県立西宮高等学校
4)オープン年月日: 平成24年4月
5)設計事務所、施工工務店名
設計・監理: 兵庫県教育員会事務局 財政課
施   工 : 株式会社 幾章住研(西宮市)
6)主構造: 鉄骨造り 2階建て 
7)木質内装延べ面積: 854㎡
8)木材使用量: 13㎥ 内県産木材13㎥(県産材率100%)
9)木材調達面に関する特徴
仕様書に県産材の使用を記載(県産木材証明で確認)
10)木質化に関する特徴
 本施設は、昭和30年に建築された構造物で、近くの関西学院大学の校舎と同じ建築様式です。今後も貴重な建物として保存使用するため、平成22年度に耐震補強工事を実施し、今回(平成23年度)内装の床および腰板等を改修した。床材は強度面から広葉樹の無垢カバーフローリングを使用し、壁や枠および木製建具は兵庫県産スギ材を使用している。
 木材については、塗料を3種類(UV塗装塗り・着色UC塗り・OSCL塗り)を使い分けている。
 

nishiko-naibu1.jpg nishiko-naibu2.jpg ishiko-naibu4.jpg nishiko-naibu5.jpg