メイン林産指導課の紹介 >【公共木質化施設】~八千種幼児園 木質内装化で開園!!(福崎町)~

【公共木質化施設】~八千種幼児園 木質内装化で開園!!(福崎町)~

 福崎町では、八千種保育所の老朽化に伴い、町内で3番目となる幼保一体化施設として、八千種幼稚園の隣に「保育棟」が新設されました。新設保育棟には、乳児から3歳児までの保育室や調理室、職員室等が配置され今後は「幼稚園」と「保育所」が「八千種幼児園」として一体的に運営されます。今回既存の幼稚園を含めて全室に空調設備が導入され、太陽光発電やオール電化を採用して環境に配慮した施設となっています。
 また、床暖房システムを採用するrとともに、保育室や廊下に県産木材を使用し、園児たちが木のぬくもりを感じながら快適に過ごせるよう配慮されています。

      全景           新築幼児棟
yati-zenkei.jpg yati-youjito.jpg

    廊 下
yati-irikuti.jpg yati-rouka.jpg yati-naiso.jpg

保育室内装
yati-hoikushitu.jpg yati-hoiku2.jpg

兵庫県産材使用の説明書
yati-setumei.jpg

施設の概要
 1 施設の名称、所在 : 福崎町立八千種幼児園  神崎郡福崎町八千種276-2
 2 事業主体 : 福崎町
 3 事業費 : 全体事業費 約1億6千8百万円
           内木質内装化事業費 3,318千円(補助金 2,986千円)
           ※ 平成25年度森林林業緊急整備事業(林野庁)
 4 工事期間 : 平成25年6月12日~平成26年3月20日
            ※ 園舎供用開始 平成26年4月1日
 5 設計・監理事務所、施工工務店
    設 計 株式会社 鷲尾建築設計事務所(姫路市)
    監 理 前川設計工房一級建築士事務所
    施 工 株式会社 坪田工務店(姫路市)
 6 主構造 : RC平屋建 1棟 延床面積 572㎡
 7 木質化面積と木材使用量
   ・ 木質化面積  160㎡
   ・ 木材使用量    6㎥(県産材)
 8 使用木材と木質化箇所
   ・使用木材  ヒノキ(フローリング・ピーリング)
   ・木質化箇所  フロアー(床・腰壁)、廊下(由赤・腰壁)、保育室(床・腰壁)
   9 木材調達面に関する特徴
   ・木材は工事施工業者が調達。
   ・仕様書で兵庫県産材の使用を特記