メイン林産指導課の紹介 >「木材加工施設」~”㈱バイオマスたんば”~が稼働開始

「木材加工施設」~”㈱バイオマスたんば”~が稼働開始

 森林施業により丹波市内の山林から産出される森林資源を有効に活用し、その資源循環が積極的な森林整備に繋がることを目的として、燃料用チップの製造・販売施設“株式会社バイオマスたんば”がこのほどオープンしチップの生産を開始しました。
 この施設は、昨年10月、丹波市森林組合と丹波ひかみ森林組合、協同組合丹波林産振興センターの3企業体で設立し運営している。
 当面は年間9,800㎥の原木から約4千トンのチップに加工し、生産されたチップは丹波市内の「グリーンベル青垣の温水プール」や「薬草薬樹公園」、「兵庫パルプ」等で使用されます。

       全景                  加工棟                  乾燥棟と事務所
tanbazenkei.jpg tanbakakou.jpg tanbakasou.jpg

施設の概要
 1 事業主体 : 株式会社バイオマスたんば
 2 所 在 地 : 丹波市柏原町下小倉(協同組合丹波林産振興センターに隣接)
 3 事 業 名 : 平成25年度森林林業緊急整備基金事業(木質バイオマス利用施設等整備)
 4 総事業費 : 約2億3百万円(補助金約1億9千6百万円)
 5 敷地面積 : 4,760 ㎡
 6 主要施設 : チップ・おが粉加工棟(鉄骨造平屋 427 ㎡)
            屋根付乾燥施設(鉄骨造平屋 120 ㎡)
            事務所棟(木造平屋 35 ㎡)
 7 主要機械設備 : チップ製造機、おが粉製造機、グラップル フォークリフト
 8 オープン年月日 : 平成26年5月21日

機械設備
tanbakikai1.jpg tanbakikai2.jpg tanbakikai5.jpg tanbakikai3.jpg tanbakikai4.jpg tanbakikai6.jpg