メイン林産指導課の紹介 >【公共木質化施設】~兵庫県立姫路しらさぎ特別支援学校 木質内装化で新築開校!~

【公共木質化施設】~兵庫県立姫路しらさぎ特別支援学校 木質内装化で新築開校!~

 平成26年4月、兵庫県立姫路特別支援学校の過大化解消のため、兵庫県立しらさぎ特別支援学校が新築開校されました。(旧県立姫路高等技術専門学院跡地)
 自然地形を活かした建物の配置と、地域に親しまれるクラシックな外観で、温かみや、やすらぎを感じる色彩となっています。校舎棟、体育館の内装や、体育館及びプール管理室の屋根に県産の木材を利用している他、敷地内の緑化や屋上に太陽光発電設備を設置するなど環境にも配慮しています。特に、生徒送迎用玄関ホールと体育館の内装については、宍粟材のスギやヒノキで施工されるとともに、体育館の屋根についても鉄筋コンクリートで2階まで立ち上げた上に、スギ集成材を使用した木造トラス構造の屋根を乗せていて、体育館のフロアーから天井を見上げると、幾何学的な模様に圧倒されます。

          校舎全景
himetoku-zenkei.jpg

 玄 関                                       廊 下
himetoku-genkan.jpg himetoku1.jpg himetoku-rouka.jpg

教室内装
himetoku-kyoushitu.jpg himetoku-kyoushitu 2.jpg himetoku-kyoushitu3.jpg

                      体育館
himetoku2.jpg himetoku-taikukan.jpg himetoku-taikukan2.jpg

プールにも木材を使用
himetoku-puru.jpg himetoku-puro2.jpg

工事の内容
 1 施設の名称:兵庫県立姫路しらさぎ特別支援学校
 2 施設所在地:姫路市苫編688-58
 3 事業主体:兵庫県教育委員会事務局(特別支援教育課)
 4 全体事業費:約21億6千2百万円
 5 実施工期:平成25年3月7日~平成26年5月30日
 6 オープン年月日:平成26年4月7日
 7 設計・監理者、施工工務店名、電気・機械等設置業者
    設 計 兵庫県県土整備部住宅建築局営繕課、施設課 株式会社山下設計(大阪市)
    監 理 兵庫県県土整備部住宅建築局営繕課、施設課
    校舎建築工事 神崎・三和特別企業体(姫路市)
    体育館建築工事 但南建築株式会社(朝来市)
    プール建築工事 進路工事株式会社(神崎郡市川町)
    校舎電気設備工事 株式会社横山電気(高砂市)
    校舎機械設備工事 テラマエ設備工業株式会社(姫路市)
    体育館その他電気施設工事 兵電協同組合(姫路市)
    体育館その他機械設備工事 株式会社関西エンジニアリング(神戸市)
    太陽光発電設備工事 中央電工株式会社(姫路市)
    昇降機械設備工事 フジテック株式会社(神戸市)
 8 構 造
    校  舎 RC一部鉄骨造 4階建 建築面積 2,669㎡ (延床面積 8,242㎡)
    体育館 RC一部木造造 2階建 建築面積 1,263㎡ (延床面積 1,627㎡)
    プール コンクリートブロック一部木造造 平屋建 建築面積 81㎡ (延床面積 81㎡)
 9 木質化面積と木材使用量
    校  舎  木質化面積 6,039㎡ 木材使用量 85㎥ 内県産材 59㎥(県産材率69%)
    体育館  木質化面積 1,263㎡ 木材使用量 133㎥ 内県産材 117㎥(県産材率88%)
    プー ル  木質化面積   16㎡ 木材使用量   4㎥ 内県産材  4㎥(県産材率100%)
      計           7,318㎡          222㎥        180㎥(県産材率81%)
 10 木材調達面に関する特徴
    ・木材は仕様書に基づき建築業者が調達。
 12 施設の特徴(設計コンセプト等)
   1) 自然地形を活かした配置計画
     ①敷地の高低差を活かし、建物間をつなぐ連絡デッキによるバリアフリーの確保。
     ②北側山地への避難経路を確保することで、4階建でありながら児童・生徒の生活スペースから容易
       な避難を実現。
   2) 地域に親しまれる外観デザイン
     ①公立学校らしさを備えた外観 ②わかりやすい要素を配置
      ③あたたかみ、やすらぎを感じる色彩、材料の採用
   3) 地球環境に配慮した設備等
     ①太陽光発電設備の設置 ②敷地内緑化を実現 ③体育館の屋根に県産材による木造トラスを採用