メイン林産指導課の紹介 >【内装木質化公共施設】~森林林業技術センター本館~

【内装木質化公共施設】~森林林業技術センター本館~

 森林林業技術センターでは、本館の耐震改修工事に合わせて内装の木質化工事を実施しました。
 内装の木質化は、公共建築物等木材利用促進の趣旨に沿って、エントランスホール、講堂、会議室といった共用部分と、職員が執務する事務室に限って実施されました。
 エントランスホールはヒノキ集成材のウオールとスギ材のリブ、事務室は壁にスギ材、床にヒノキ材を使用し、木材の持つ断熱効果と環境のやわらかさが感じられます。
 耐震改修工事という枠の中ではあるが木材加工・利用技術の開発、普及の拠点施設として、当施設を訪れる一般県民や市町等の担当者にも見本事例となるように工夫されています。
施設の概要
1 施設名称,所在 : 森林林業技術センター本館 宍粟市山崎町五十波430
2 事 業 主 体 : 兵庫県
3 事  業  費 : 161,688千円
4 実 施 工 期 : 平成27年1月27日~平成27年10月22日
5 オープン年月日 : 平成27年11月16日
6 設計、監理、施工者
   設    計   株式会社 小西建築設計事務所(小野市)
   監    理   兵庫県県土整備部住宅建築局営繕課
   施    工   株式会社 進藤組(たつの市)
7 主 要 構 造 :鉄筋コンクリート 2階建 1棟  延床面積 1,359㎡
8 内装材施工面積 :623㎡ (内県産材 543㎡)
9 内装工事概要
  Ⅰ 壁  壁材  スギ(県産木材 宍粟市産):事務室、講堂、会議室に施工
  Ⅱ 床  床材  ヒノキ(県産木材 宍粟市産):事務室、講堂、会議室に施工
  Ⅲ 玄関ホール 木製ウオール ヒノキ集成材(県産木材 丹波市産)
              壁・床木製リブ スギ(県産木材 宍粟市産)
  (木材は工事施工者が調達)

      外  観               エントランスホール            渡り廊下
rinsizenkei.jpg      rinsihoru.jpg rinsirouka.jpg
      講   堂                                     事務室
rinsikoudou.jpg rinsikoudou2.jpg rinsishitumu.jpg
写真は森林林業技術センター提供