メイン林産指導課の紹介 >【公共施設】~兵庫県立丹波並木道中央公園入口丸太看板再塗装~

【公共施設】~兵庫県立丹波並木道中央公園入口丸太看板再塗装~


 同公園入口の丸太看板(ムクノキ)は平成19年10月開園から5年を経過し、屋外のため 経年変化で、変色・苔の発生・剥離・罅割れ等の劣化がみられるため、今回下地処理及び再塗装を行った。
再塗装の概要
1 施設の名称 : 兵庫県立丹波並木道中央公園
2 施設所在地 : 篠山市西古佐90 (公園入口左側)
3 事 業 主 体 : 兵庫県立丹波並木道中央公園
4 工  事  費 : 約 180,000円
5 実  施  日 : 平成25年7月19日
6 請  負  者 : (有)ミヨシ塗装工業(篠山市)
  施     工 : 大谷塗料株式会社(大阪市)
7 工事の概要
 1)丸太看板の大きさ 
    長さ 3.7m 丸太末口径 1.1m 末口周囲長 3.75m 表面積約 14㎡
 2)塗装工事の指定 MOK リバ工法(発注者からの工法指定)大谷塗料の特許工法
 3)使用用具及び塗料等
   下地処理 「コンプレッサー25PS」 「MOK リバブラスト機] 「ブラスト」
   塗   装 「刷毛」 「MOKリバコート(白木用)」⇒水性の浸透型 防虫防腐効果 
 4)作業内容
   ① 下地処理 MOKブラスト機(ブラスト入り)をコンプレッサーと繋ぎ、丸太看板表面に吹き付ける。
             (下地処理時間 45分で全て完了)
   ② 塗装    丸太看板表面に刷毛で「MOKリバコート(白木用)」(原液)をムラなく塗布
             (4人で30分で塗布完了 水性で塗り易い)
        処理前              下地処理後              塗装完了
namiki-mae.jpg namiki-bgo.jpg namiki-go.jpg

取材の感想

  ・凹凸のある丸太看板のため、通常は下地処理に時間を要するが「MOKリバブラスト機」を使用する     ことにより、短時間でムラのない処理ができ、処理後直ぐに塗装にかかれるれるため全体の作業時    間が短くかつきれいな仕上がりとなった。
  ・今後の再塗装に「MOKリバ工法」を活用するには、文化財的な木材製品などの貴重なものを再      塗装するのに適用すればベターか。
  ・ミヨシ塗装工業の社長も、高級家具などで再塗装の依頼があるので、この方法で取組たいと話して    いた。
  ・ブラストには、胡桃の殻、桃のタネを粉末にした2種類の製品がある。
  ・なお、今回の作業面積は約 14 ㎡のため、1㎡当たり13,000円の経費となっている。
       下地処理               塗装
namiki-btyu.jpg namiki-toso.jpg