メイン林産指導課の紹介 >クマバチが、「カクレミノ」にいました

クマバチが、「カクレミノ」にいました

クマバチが、「カクレミノ」の花のみつを吸っていました。
淡黄緑色の小さな花をつけており、匂いに誘われて寄ってきたようです。クマバチは温厚な性格で、オスには針がないので刺すこともありません。「カクレミノ」の葉は、生長するにつれて、切れ込みが浅くなり、長楕円形の葉となるのが特徴です。
カクレミノ1.jpeg カクレミノ2.jpeg