メイン林産指導課の紹介 >「プラタナス」の実がなっています

「プラタナス」の実がなっています

「プラタナス」の実ができはじめました。
「プラタナス」は、鈴をぶら下げたような実がなることで、『スズカケノキ』ともいわれます。花は高い位置に咲くので、観察は難しいです。
木材としては、木肌が綿密で光沢があります。加工がしやすく、家具・楽器・内装などに利用されています。
puratanasu1.jpeg