メイン林産指導課の紹介 >エネルギーの地産地消~篠山市立味間認定こども園~ 

エネルギーの地産地消~篠山市立味間認定こども園~ 


 間もなく開園予定の「篠山市立認定こども園」を視察してきました。
敷地は約5,300㎡。広々とした園庭を囲むコの字型の園舎。
幼いこどもたちの生活空間として、成長に合わせてうまく使えるような水道やトイレの設
備等、きめ細かい工夫がされていました。保育室やホールの床は篠山産檜材、腰板は同じ
篠山産の杉板が使われています。素足で過ごすと木のぬくもりや、やわらかな肌触りを感
じることができます。
 元気なこどもたちの声が味間の地に響く日を心待ちにしています。
 7月上旬より開園予定です。

DSCF4902.JPG DSCF4899.JPG DSCF4976.JPG DSCF4912.JPG P1080594.JPG P1080599.JPG DSCF4957.JPG DSCF4962.JPG DSCF4974.JPG

公共施設工事の概要
 1 施設の名称 : 篠山市立味間認定こども園
 2 施設の所在地 : 篠山市西吹75番地1
 3 事業名(年度) : 平成28年度味間認定こども園新園舎内装木質化
 4 事業主体 : 篠山市
 5 管理主体 : 篠山市教育委員会事務局こども未来課
            所在地 篠山市北新町41
            電話   079-552-1115
 6 事業費 : 約2200万円(内装木質化)
 7 設計事務所、施工業者
    設  計 株式会社 日匠設計 (京都府福知山市)
    施  工 和以貴・大市特別建設共同企業体 (西脇市)
 8 実施工期 : 平成28年4月1日~平成28年5月31日
 9 使用開始年月日 : 平成28年7月4日
10 主要構造 : 鉄骨造2階建て 4棟 延床面積2,638,91㎡
11 木材使用量 : 木質内装材 床   1,153㎡
                        巾木   592m
                      腰壁  503.34㎡
                       腰壁見切 794m
12 建築物の特徴および木材の調達方法
   ①建物の特徴
    ・鉄骨造2階建て、園庭芝生化
    ・保育室、遊戯室及び多目的ルームの床と腰壁を木質化
   ②木材調達方法
    ・内装木質化に使用した木材は、すべて市内産。市内の山林で篠山市森林組合が
     伐採した木を丹波市内業者が乾燥・製材した。