メイン林産指導課の紹介 >兵庫県産材を利用した新しい床材の開発

兵庫県産材を利用した新しい床材の開発

  丹波地域で開発された新しい置床タイプの床材の紹介です。 将来に持続可能な森林経営の推進には、付加価値の高い木材利用が必要であるといわれています。このたび丹波地域で取り組まれている新しい床材について、お話を伺いましたのでご紹介します。

株式会社 木栄
          「これからの環境社会における新しいオフィスのカタチ」
 OAフロア用床仕上げ材「OAウッドブロック」を紹介します。OAフロアでは一般に配線を引き出すことから、タイルカーペット等を仕上げに用いることが多く、木質系の材料はほとんど使われていませんでした。そこで内装の木質化に対応できる床材ということで新しく開発されました。サイズは500㎜×500㎜、厚みは15㎜で、2㎜のゴムマットで固定されています。表面にはハードウレタン塗装が施され、キャスターや土足の使用にも対応しています。置き床タイプなので自由に脱着が可能、材は兵庫県産のヒノキ材を使用しています。  また、併せて下地材用の国産材を原料としたパーティクルボードも提案されています。
DSCF5032_R.JPG DSCF5029_R.JPG DSCF5028_R.JPG

    製造元 株式会社 木栄 (丹波市青垣町檜倉366-1 ℡ 0795-87-5217)
    詳しくはカタログをご覧ください。(OAウッドブロックカタログ)
株式会社 藤本林業所
          「置き床生活」
  兵庫県産スギ材を使用した「置き床生活」を紹介します。マンションの床を無垢材のフローリングに変身させる際、解体工事を必要とせず短期間で施工をということから開発されました。 厚さ15㎜のスギフローリングの裏に遮熱シートを施したものを、四方雇い実で接合して既存の床上に置いていく工法で、音や埃を立てずに短期間の施工が可能です。 兵庫県産スギ無垢材を使用しているので、夏涼しく冬暖かく無垢材ならではの木の香りも楽しめ、くつろげる場所を演出します。ます。また、年月を経るごとに強度が増し、色合いも濃く独特の艶が楽しめます。もっと丈夫に、もっと機能的に、もっと美しくなるよう工夫していくとのことです。
DSCF5045.JPG DSCF5044.JPG DSCF5042.JPG

  製造元 株式会社 藤本林業所(篠山市池上8 tel 079-552-0187)
  詳しくはホームページをご覧ください。 (置き床生活のすすめ