メイン林産指導課の紹介 >【新着図書紹介】平成29年度「林業改良普及双書No187・188・189」

【新着図書紹介】平成29年度「林業改良普及双書No187・188・189」

今回の新着図書は、次の3冊です。
林業改良普及双書No187感動経営 林業版「人を幸せにする会社」
 【長寿企業に学ぶ持続の法則】
 持続こそ林業の大目標。森林管理、森づくり、素材生産、製材・加工などを担うさまざまな企業・団体が、破綻することなく元気に経営を持続し、雇用を守り続けること。それが林業地域持続の土台となります。企業・団体の経営を持続させる秘訣、法則のようなものはあるのでしょうか。長年にわたり、会社を維持し、雇用を守り続けてきた長寿企業に注目し、なぜ経営を持続できたのか、その理由を探り、持続の法則を実践事例から学びます。
【主要目次】
 解説編1 長寿企業に学ぶ 林業経営持続の法則 人材力を活かすマネジメント
 解説編2 感動経営 地域・人を幸せにする林業経営 -持続の法則を探る
 事例編1 将来に向けての種を見出す 目利き経営と誠実な製品づくり
 事例編2 「合理」を求めて智恵と才覚を引き出すー社員の成長を第一に
 事例編3 「人ありき」が持続経営を実現 雪国で通年雇用を創出・維持した人材力経営とは
 事例編4 定年以降まで働き、ワークライフバランスも実現
 事例編5 モリスの挑戦
       発行 全国林業改良普及協会


林業改良普及双書No188 そこが聞きたい山林の相続・登記相談室
 森林相続は林家の経営持続を左右する重要課題です。けれど、森林・林業に不慣れな後継者世代にとって、相続の方法、手続きなど実際面が分かりづらいものです。山林相続やそれに伴う登記(名義変更等)について、実際の相談モデルを元に、アドバイザー的な語り口で解説します。制度解説に加え、家族の悩み、心情などを踏まえたやさしい解説で、相続に対する不安を軽減します。
 また、自分の財産を家族・親族に管理・継承する仕組みとして注目される民事信託の実際についても解説します。
   【主要目次】
 相続登記編
  山林の相続登記~父から子への名義変更
 譲渡(贈与・売買)編
  山林の譲渡~贈与や売買による所有権移転登記
 合筆・分筆編
  合筆と分筆ーメリットとデメリット
 後見・信託編
 困った時のアドバイス
 困った時の相談先と、そのための準備
        発行 全国林業改良普及協会


林業改良普及双書No189 続・椎野先生の「林業ロジステックスゼミ」
  【IT時代のサプライチェーン・マネジメント改革】
 「林業の成長産業化」には、ICTのルーツ的機能(情報処理等)はもちろん、肝心の経営方針の検討が欠かせません。明日の成長に向け、今何をすべきか、厳しい道を進む先進事例(企業例)などから、成長に向けた考え方の基本を学びます。成長への変化は人あってこそ。成長の土台を成す、人の心、意識改革に向け、どのような普及教育が必要か。これについても、著者の持論、先人の実践例から紹介します。成長への2大要素である、ロジステックス(広義、経営論を含めた)と人づくりをテーマに解説します。
  【主要目次】
 第1回  林業成長への道 ロジステックスト人づくり
       勇気と決断ー激しい産業変化時代への対応
 第2回  林業成長への道 ロジスティクスと人づくり
       担い手の明日を創るー高齢化 人手不足をチャンスにかえる成長戦略
 第3回  林業成長への道 ロジスティクスと人づくり
       未来型・顧客起点 サプライチェーン・マネジメントへの道①
 第4回  林業成長への道 ロジスティクスと人づくり
       未来型・顧客起点 サプライチェーン・マネジメントへの道②
       -「施主起点の林業~家づくりのサプライチェーン・マネジメント」挑戦で開く 第4次産業革命
 第5回  林業成長への道 ロジスティクスと人づくり
        透明情報の原点 非コントロール型の情報戦略
 第6回  日本社会の変化「非雇用」の進化形
      ―シェアリング・エコノミーの可能性を探る
 第7回  「ユーズド・イン・ジャパン」
      -輸出拡大へ、世界が認める日本人の高品質
 第8回  「スモール」にこそ飛躍の可能性
      -地方創生の技術・経営イノベーション
 第9回 IT時代のサプライチェーン・マネジメント改革
      ―企業連携を創る人間集団の形成法則を探る①
 第10回 T時代のサプライチェーン・マネジメント改革
      ―企業連携を創る人間集団の形成法則を探る②
   発行 林業改良普及協会

 * 各冊の概要は林業改良普及双書のご案内(林業改良普及協会)により記載しました。

丹波年輪の里 木の館には図書コーナーがあり、 いまでは廃刊となった雑誌から建築関係の月刊誌まで、 DIY好きの方や、家づくりに取り組む方にとっては、 よい情報源となっています。