メイン林産指導課の紹介 >情報誌 「林産だより」

情報誌 「林産だより」

2007年 12月 第102号(P2)ひょうご・ネットワーク「木の道」
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~
初期の活動 ひょうご・ネットワーク「木の道」は「県産木材を使った木造住宅をつくること」を趣旨とし、丹波を中心とする製材業者と建築家グループにより平成6年に設立された。 当初は、丹波波年輪の里に事務局を置き、産直住宅、モデル住宅、阪神大震災の復興住宅の提案、木材利用推進の講演会開催等を行った。 しかし...
2007年 12月 第102号(P1)宍粟地域の木材流通拠点 (株)山崎木材市場
 全国的に展開している新生産システムの取り組みや、大型製材所の出現、県産木材供給センターの計画、外材の輸入情勢等、宍粟地域においても将来の木材流通の話題がよく聞かれるようになった。宍粟地域の木材流通の現状と課題について探ってみた。 木材流通の拠点 宍粟地域の林業は、自然条件に恵まれ「しそう森林王国」...
2007年 10月 第101号(P4) ヒノキ間伐材を活用した学習机 丹波市
 木製学習机の導入を進める「ウッドワーク丹波」の製作した机が、今年度は丹波市の全小学校の1年生(25校712人)に配置された。 机はキットで、夏休み中に一年生の親子で組み立てられ2学期から卒業するまで使用される。(写真は丹波市立新井小学校の一年生算数の授業中) 「ウッドワーク丹波」は、3人の木材加工...
2007年 10月 第101号(P3) 県産木材内装材製品 展示商談会開催
 8月28日、兵庫県と兵庫県木材業協同組合連合会は県産木材に対する理解を深め、利用促進を図るため、工務店、建築士、マンション事業者等を対象に県産材を活用した内装材製品の展示商談会をHDC神戸で開催した。  これは「暮らしの中に木材を取り入れる運動」の一環として取り組んだもので、消費規模の大きい都...
2007年 10月 第101号(P2)ひょうご木のすまい協議会
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~
 兵庫県は県産木材の利用促進を図るため「ひょうごの木造木質化50%作戦」「県産木造住宅10倍増作戦」「暮らしの中に木材を取り入れる運動」を展開しており、これに賛同し活動しているグループ「ひょうご木のすまい協議会」を紹介する。 「ひょうご木のすまい協議会」の活動  「ひょうご木のすまい協議会」は5年前...
2007年 10月 第101号(P1) 県産木材供給センター(仮称)実施事業体が決定
県産木材大規模供給拠点  平成22年度から本格稼動  兵庫県がこのたび「県産木材供給センター」の実施事業体を決定したので紹介する。  昨年度のシミュレーション調査に沿って、原木の集積から加工までを一体的に行い、「品質・価格・供給力」で外材等との競争力を発揮できる、「県産木材供給センター」の整備運営を...
2007年 07月 第100号(平成19年7月) ~ 第99号(平成19年5月)
●第100号 平成19年7月 (htmlファイル) 県産木材利用促進による健全な森林の育成 兵庫県林務課 木材に関する技術開発目標の策定 ㈱オーケンウッド 創業一周年 県内の木工・木製品紹介 学校教育家具 神崎郡神河町 (有)宮田木工所 ●第99号 平成19年5月 (htmlファイル) 平成18年...
2007年 07月 第100号(P4) 学校教育家具 神崎郡神河町
(有)宮田木工所  代表者 宮田能秀 兵庫県神崎郡神河町東柏尾706−1 TEL 0790−32−0391 FAX 0790−32−2100 http://www.miyata-mokkou.jp 中播磨モノづくり大賞を受賞した机 宮田木工所は、50年にわたって学校の木製机、作業台、書架など教育施設...
2007年 07月 第100号(P3) (株)オーケンウッド 創業一周年
県内最大規模の製材メーカー、株式会社オーケンウッド(丹波市春日町)は、昨年、県産木材の専門工場として製材業に参入し、この7月13日に創業一周年を迎えた。原木取扱量は、初年度目標の15000m3を達成した。また、新たに杉ラミナラインを導入したほか、乾燥機等の設備を整備した。 建設中の第4工場(製材ライ...
2007年 07月 第100号(P2) 木材に関する技術開発目標の策定
林野庁は平成19年6月に開催した第4回「木材に関する技術開発目標検討会」での意見等を踏まえ、「木材に関する技術開発目標」を策定した。これは、国産材の特性を活かした技術開発の推進方向、具体的な開発項目及び推進体制について、今後5年間の取組事項を取りまとめたものである。 (1)取り組むべき課題の方向 1...
2007年 07月 第100号(P1) 県産木材利用促進による健全な森林の育成
はじめに 「林産だより」百号の発行を心からお祝い申し上げます。 兵庫県立丹波年輪の里・林産指導課が、木材情報の発信や、さまざまな研修会、イベント等を通して県内の木材関係業界の指導育成に尽力されていることに対しまして、深く敬意を表するところであります。 さて、この記念すべき「林産だより」百号の誌面をお...
2007年 05月 第99号(P4) 桧皮(ひわだ)の生産 丹波市
戦後、銅板葺きの普及で桧皮葺の屋根は減少したが、依然として国宝や重要文化財などの歴史的建造物において「桧皮葺(ひわだぶき)」は重要な役割を果たしている。 丹波市山南町は、古くから桧皮葺きの里としてその伝統技術が継承されており、全国でも「桧皮葺師」「原皮師(もとかわし)」「竹釘製造」などの技術者が最...
2007年 05月 第99号(P3) 人にやさしい木材塗料展(アンケート結果)
平成19年2月3日から4月30日の3ヶ月間にわたり県立丹波年輪の里「木の館ホール」にて「人にやさしい木材塗料展」を開催し、約3500名の来場者があった。期間中、アンケート調査を実施したので、その結果を一部紹介する。 (回答者141名) 塗料が健康におよぼす影響 図1に示すとおり、「強く意識している...
2007年 05月 第99号(P2) 平成19年度兵庫県の木材利用関係事業(抜粋)
兵庫県産木材利用木造住宅特別融資事業 兵庫県産木材を利用した木造住宅を建築する施主に対して、長期固定の低利融資を行うことにより、木造住宅の建設を促進し、県産木材の利用拡大を図るための制度。  昨年度まで融資利率は2.0%固定であったが、今年度よりフラット35取扱い金融機関の平均金利マイナス1%で設定...
2007年 05月 第99号(P1) 健全な森林を育てる 力強い林業・木材産業を目指して
健全な森林を育てる 力強い林業・木材産業を目指して
2007年 03月 第98号(平成19年3月) ~ 第93号(平成18年5月)
●第98号 平成19年3月 (htmlファイル) 県産木材供給センター 事業化シミュレーション調査報告 概要 平成18年度着工の主な公共木造・木質化施設 森林動物研究センター竣工 県内の木工・木製品紹介 丹波市 竹釘製造 ●第97号 平成19年1月 (htmlファイル) 開苑20周年 兵庫県立丹波...
2007年 03月 第98号(P4) 竹釘製造 (有)石塚商店
全国の国宝や重要文化財の建造物、約3,600棟のうち「桧皮(ひわだ)」や「柿板(こけら)」で葺かれた建物が約3分の1を占めており、特に近畿に多く集中している。 丹波市山南町には、古くから「桧皮葺師」、桧皮を採取する「原皮師(もとかわし)」、桧皮葺きや柿葺き専用の「竹釘製造」などの技術者が多く、現在も...
2007年 03月 第98号(P3) 森林動物研究センター竣工
県産材100%の県立木造施設 兵庫県は、『ワイルドライフ・マネジメント(野生動物の保護管理)』を推進するための研究拠点施設「森林動物研究センター」をこのほど整備した。 この施設は平成19年4月にオープンし、野生動物の生息地管理、個体数管理、被害管理を科学的、計画的に行うための研究や情報の提...
2007年 03月 第98号(P2) 平成18年度着工の主な公共木造・木質化施設
兵庫県では県産木材の利用を拡大するため、県立施設、市町・団体施設の木造・木質化の促進や公共土木工事での間伐材等の利用推進に取り組んでいる。 H18年度着工の主な公共施設。(施設名称、所在地、延べ床面積) 県立施設(木造化施設) 施設名称 所在地 延べ床面積(m2) 森林動物研究センター 丹波市 ...
2007年 03月 第98号(P1) 県産木材供給センター事業化シミュレーション調査報告 概要
新たな県産木材の加工・流通システムの構築に向けて〜県林務課〜 兵庫県では、森林所有者に利益を還元する、持続可能な森林経営を目指し、原木の集積から製材加工までが一体となった「県産木材供給センター」(以下、「センター」)の事業化シミュレーションを実施し、その実現可能性を探ってまいりました。 このたび県産...