メイン林産指導課の紹介 >情報誌 「林産だより」

情報誌 「林産だより」

2009年 05月 第109号-第110号 (P3) 「木材の調湿・断熱性能評価」
兵庫県立農林水産技術センター(森林林業)研究報告から 「木材の調湿・断熱性能評価」  永井 智 このテーマは、木材の調湿性能や断熱性能等の数値データを蓄積し、木材利用を促進することを目的に、兵庫県木材利用技術研究会から委託を受けたものである。 次の4点について試験を行った。  (1) デシケータ...
2009年 05月 第110号 (P2) 木造建築紹介: 神河健康福祉の郷(神河町)
木造建築紹介: 神河健康福祉の郷(神河町) 去る3月14日、神埼郡神河町に建設された介護老人保健施設「神河健康福祉の郷」の完成見学会が開催された。「地産地消による地域に根ざす健康福祉の郷」をコンセプトに、県産木材を使用して建設した民間の大型木造施設としては県下初の事例である。 施設概要  所在地...
2009年 05月 第110号 (P1) 兵庫県の木材利用関係施策(抜粋)
今年度の兵庫県の木材利用関係事業は、環境配慮型住宅への融資額の上乗せなど、県産木造住宅10倍増作戦の一層の推進に向けて整備・拡充された。 1. 兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度 「兵庫県環境配慮型住宅」の要件を満たす場合、これまでの融資限度額に新築で500万円、リフォームで200万円上乗せされ...
2009年 04月 第109号(P4) 木の家こだわリスト - (株)吉住工務店(丹波市)
●丹波・四季の家  丹波に拠点を置く吉住工務店は、「自然環境と一緒に暮らす家づくり」を追求し、「エアパス工法」による県産木材、自然素材にこだわった木造住宅を提案している。「エアパス工法」とは設備機器に頼らず、太陽熱や風等の自然エネルギーを上手に利用することで夏涼しく、冬暖かい住宅を実現する工法。...
2009年 04月 第109号(P1) 兵庫県立宝塚西谷の森公園
 平成20年7月に、兵庫県立宝塚西谷の森公園が宝塚市境野字保与谷に開園した。  この公園は、兵庫県が勤労者をはじめとする県民の文化・スポーツ・レクリエーション活動を促進するCSR施設として整備したもので、宝塚市北部の西谷地区に残された自然を貴重な財産と捉え、県民の参画と協働により、守り、育て、楽しみ...
2009年 01月 第108号(P4) NAKATA HANGER(豊岡市)
中田工芸(1946年創業)は、熟練した職人による洗練されたフォルムを持つ木製ハンドメイドハンガーのメーカーとして、「おしゃれ」に関心のある消費者に幅広く知られている。 セレクトショップやデザイナーの要望を的確・迅速に形にできる技術力はアパレル業界等で高く評価されており、有名セレクトショップやアパレル...
2009年 01月 第108号(P3) DIY研修会 ~自分でやるリフォーム~
平成20年12月14日(日)、県立丹波年輪の里で「DIY研修会~自分でやるリフォーム~」が実施された。 これは県産木材による無垢の床材等を使ったリフォーム研修会で、無垢材の特性から道具の選び方まで、住宅リフォームの基本を学ぶ目的で開催された。講師は、丹波市を拠点に県産木造住宅の建築を進めるグループ「...
2009年 01月 第108号(P2) ささやま百年家
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~
~篠山の匠・技を活かした新しい暮らし~ グループの概要 「ささやま百年家」は篠山市で活動する工務店7社から構成されるグループで平成15年篠山建築組合より有志を募り発足した。 「住まいは一代限りの消費財ではなく、住み伝えていくべき資産」との考えから、篠山の豊かな自然と由緒ある歴史を通じて培われてきた住...
2009年 01月 第108号(P1) (株)オービス 姫路工場
ニュージーランド産ラジアータパイン国内挽き最大手のオービスが姫路市飾磨区中島で姫路工場を10月に竣工し梱包材の生産を開始した。 工場概要 総面積約10万㎡(原木ヤード約43,000㎡、くん蒸ヤード約7,000㎡、工場棟約7,500㎡、製品置き場約17,500㎡、緑地帯約25,000㎡) 製材工程 玉...
2008年 10月 第107号(P4) 祝木工業(株)(豊岡市)
 祝木工業株式会社は豊岡市を拠点として活動する工務店で、理想の住まいづくりを実現するため、住宅の設計・施工に留まらず、快適空間を演出するオーダーメイド家具や建具の製作に取り組んでいる。  商品は個人住宅向けのほか、店舗・学校・病院・博物館向けも取り扱っている。全国からの注文に応じるためホームページで...
2008年 10月 第107号(P3-2) 林業技術定期研修(県産木材の利用)開催
 9月16日森林林業技術センター主催の林業技術定期研修「県産木材の利用」が、建築士を対象に開催された。参加者は県下の建築士等29人。  同センター講堂において永井主任研究員から「県産木材を建築用材に利用する上で知っておきたいこと」について約1時間の講義。ヤング係数の計測からスギ無垢構造材の強度性能を...
2008年 10月 第107号(P3-1) 木と触れ合う学校づくり推進事業
~温もりあふれる森林からの贈り物「たんば、やる木、げん木っ子」~
 丹波市では平成19年度より、市内の小学一年生を対象に地域産ヒノキ間伐材を使った学習机を導入している。  学習机は天板・棚・脚・背部・座など各部分がパーツ化されており、六角レンチで簡単に組立ができる構造となっている。  今年度も夏休みを利用して親子で机と椅子を組み立て、二学期から使用している。(25...
2008年 10月 第107号(P2) 協同組合 しそうの森の木
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~
グループの概要  「しそうの森の木」は素材業2社、製材業2社、工務店1社で構成される協同組合で、宍粟地域を中心に活動している。「木材産業に携わる企業が持続的に発展するためには、資源の供給元である山に利益を還元する必要がある」として平成14年7月26日に設立された。  流通過程をシンプルにし、山とエン...
2008年 10月 第107号(P1) 兵庫県内 秋のイベント紹介
 平成17年秋に開催された第29回全国育樹祭を記念して、兵庫県では毎年10月の最終日曜日を「ひょうご森の日」と設定し、県下各地域で森づくり活動を実践するイベントや、森林・自然環境への理解と関心を高めるための森林環境教育等が展開されている。 第23回ひょうご木材フェア  人と環境にやさしい木材を皆で「...
2008年 08月 第106号(P4) 山本音響工芸(株)(小野市)
 山本音響工芸株式会社は、オーディオ用ウッドホーン、スピーカー、真空管アンプ、木製ラック、インシュレーター等、オーディオ関連製品を製造・販売するメーカー。  使用樹種はアサダザクラ、カバザクラ、アフリカコクタンなど国内外の広葉樹を音響特性に応じて使用している。  同社の技術力は高く、2005年2月に...
2008年 08月 第106号(P3-2) しそうcan木々市 盛大に開催
 「第2回しそうcan木々市」が6月14~15日、しそうcan資材アウトレットコーナーで開催された。これは宍粟材推進会議が主催するイベントで、宍粟市内の製材所・家具メーカーから、DIYに利用できる木材、家具の展示品・廃盤商品等を集めて展示・即売会を実施するもの。  当日は、木工の愛好家や家族連れが多...
2008年 08月 第106号(P3-1) オーケンウッド
~兵庫県産スギ集成間柱生産の取り組み~
 (株)オーケンウッド(丹波市春日町)は昨年度、オプティカット、ラミナ用モルダー、フィンガージョインター等を導入した。この施設整備後は、ムクの柱・平角・間柱のほか、集成間柱の生産にも取り組んでおり、平均原木取扱量を1500~2000m3/月に拡大させた(林産だより100号参照)。取り扱う原木の殆どが...
2008年 08月 第106号(P2) 木の住まい「ピノキオ」
~県産木材を使った木造住宅を推進するグループ~
グループの概要  木の住まい「ピノキオ」は、丹波地域をメインに活動する工務店、住宅関連業者等13社で構成され、平成12年4月に設立された。  『住宅を長持ちさせるためには、日頃の維持管理が非常に大切。地域の工務店は維持管理、瑕疵の義務、「住まいのよろず相談所」として住宅に関する様々な役割を担う必要が...
2008年 08月 第106号(P1) 兵庫県産材の安定供給と持続可能な森林経営を支える施策
国産材を取り巻く情勢  木材貿易を取り巻く情勢は、中国や中近東等における木材需要の増加、原油価格の高騰や為替レートに起因する原木輸入価格の上昇、ロシア材の輸出税引き上げ等により、外材供給の先行きが不透明さを増している。  一方、国産材は、資源の充実と木材加工技術の向上により、新生産システムで整備され...
2008年 06月 第105号(P4-2) ひょうご森のまつり2008盛大に開催
 昨年度まで「ひょうご森の祭典」として開催されていたが、平成20年度からは、より多くの県民が森づくりに親しむ機会となるよう、県下で活躍する森林ボランティア団体の活動発表や森林ボランティア体験などを盛り込み、「ひょうご森のまつり」と名称を新たにして開催された。  内容は森のコンサート(宝塚音楽学校ほか...