メイン林産指導課の紹介 >木と住まいを創る会社

木と住まいを創る会社

一級建築士事務所 河南建築設計室
まず木材は、住む場所と同じ気象条件で育った木を使う事が理にかなっていると思います。先人の知恵や、伝統工法を生かしながら、その土地の気候条件・風土をシッカリ考慮し、極力自然の素材を利用した、省エネで、自然の風や光を存分に生かした、夏涼しく冬暖かい住宅が基本です。そして、周りの景観に溶け込みながら、美し...
(有)ドディチ・ドディチ
神戸北野でイタリア人建築家ヤコポトリーニ主宰により、新築戸建受託の設計、マンションのリフォーム、インテリアデザイン、カスタム家具・オリジナルキッチンの設計など幅広い家作り活動をおこなっています。  私たちは自然の素材の質感と色彩を大切に考えます。自然素材は、新建材と異なり、年を経るごとにその表情を豊...
net_miyawaki
分離発注を行う設計事務所です。自然素材(無垢構造材・仕上材の選考など)を多様し、高気密高断熱住宅をより快適にお住まいいただくように提案致します。明石を拠点に1時間範囲内(車で)であればお伺い致します。地域に根差した家づくりを目指しています。 連絡先 TEL 090-1140-1699 FAX 02...
第100号(P3) (株)オーケンウッド 創業一周年
県内最大規模の製材メーカー、株式会社オーケンウッド(丹波市春日町)は、昨年、県産木材の専門工場として製材業に参入し、この7月13日に創業一周年を迎えた。原木取扱量は、初年度目標の15000m3を達成した。また、新たに杉ラミナラインを導入したほか、乾燥機等の設備を整備した。 建設中の第4工場(製材ライ...
第96号(P1) 県営住宅に「ICタグ」入りの木材
木材のトレーサビリティに取り組む「(協)しそうの森の木」 新しい木材供給システム 「ICタグ(電子タグ)」を使用した木材のトレーサビリティに「しそうの森の木」のグループが取り組み、民間住宅での実証実験に続き、今年度は公共事業(県営住宅20棟)に「ICタグ」入り木材を供給した。 この...
第94号(P3) 県下最大規模の製材工場が竣工
7月13日、丹波市春日町に県下最大規模の施設を有する製材工場が竣工した。 竣工式には、関係者ら約150人が参加した。 この製材工場は、荻野建設株式会社(代表取締役 荻野憲夫氏)が、総額八億円の資金を投入し、新鋭の機械施設を整備したもので、主にスギ・ヒノキを取り扱う。 荻野建設株式会社製材事業部として...
第92号(P1) 県内初!!本格生産始動へ 県産スギ集成材住宅完成
大野製材所がモデルハウスを公開  大野製材所(夢前町・大野正人社長)は、このほど県産スギ集成材の生産に着手。さらにこれを使い、軸組工法で建築されたモデルハウスを公開した。兵庫県産のスギ集成材を本格的に使った一般民間木造住宅は、今回が初となる。 スギ集成材製造ライン  大野製材所製材部門の生産主品目...
(株)栃尾商店 ~林産だよりVol.87へのリンク~
豊岡市日高町: 常に地場材の有効利用を考える 木の総合センター
(株)大野製材所夢前工場 ~林産だよりVol.83へのリンク~
飾磨郡夢前町: 天産物であることを言い訳にせず満足と信頼を得る製品を提供
(株)木 栄 ~林産だよりVol.80へのリンク~
氷上郡青垣町: 木にこだわり、夢をかたちに
安田哲也アトリエ一級建築士設計事務所(氷上郡氷上町)
建築家 安田哲也さん 京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科卒。青年海外協力隊員として、2年間アフリカで建築指導を経験。 「日本とはまったく異なる文化、環境のなかで得たものは、すまいに関して言えば、その土地にある材料で家を作ると言うことです。」と自然環境と建築材料の関係についての自論を展開。「この日本...
芦田成人建築設計事務所(氷上郡青垣町)
芦田成人さん(一級建築士) 大阪工業大学卒。卒業後は、しばらく大阪でマンション、ビルなどの設計を担当。 2002年に独立し、現在の建築設計事務所を開設。 木造住宅にこだわるグループの活動に触発され、その後は主に木造住宅の設計・監理を行っている。 なぜ木造なのか?との質問には、「やはり、木造住宅は...
㈱おぎもく 荻野裕典 ~林産だよりVol.72へのリンク~
続・熱血業界人: ㈱おぎもく 荻野裕典さん 製材技術と乾燥で勝負します
船津屋木材: 森田秀光さん ~林産だよりVol.70へのリンク~
続・熱血業界人: 船津屋木材 森田秀光さん 他人と同じモノより 独自のモノを考える
久崎木材:高見宗臣さん ~林産だより第68号へのリンク~
続・熱血業界人 久崎木材専務 高見宗臣さん (佐用郡上月町早瀬)
一級建築士 岸田裕子 ルーラル工房主宰(多可郡中町坂本)
武庫川女子短期大学を卒業した後、設計企画会社のOLをしながら「木造の家づくり」に強い興味を持ち、本格的に建築学を勉強。 その後、大阪の㈱建築士事務所に入社し数々の木造住宅の建築設計に取り組む。建築士事務所で「存在感のある構造駆体を自由に設計できたことがとても嬉しかった」とのこと。 住宅にスギ、ヒ...
(株)木栄栄建ホーム
我が社は、その土地で育った木を建築材として使うことが耐久性のある住まいにつながると考えています。 兵庫県内で育った木を伐採から製材・加工まで自社管理したものだけを建築材として使用し、人間に有害な建材、塗料、接着剤などを避け、産業廃棄物や処分時に発生する有害物質の抑制の面からも自然素材にこだわりつづ...
「ほんまもん」の木造住宅をもっとアピールしよう 一級建築士 河南眞美代
これは、田舎の一設計士による小さな繰り言だと思って聞いて頂きたい。直下型の阪神大震災が起きてから、もうすぐ7年が来ようとしている。 ところが七十~百年周期のプレート型地震はいつ起きてもおかしくない状況だと言われる。当初、木造建築そのものの耐力が疑問視されたが、木が持つあたたかみ、伝統工法のよさが...
(株)田代工務店 (加古川市)
もともと自然とのつき合うのがうまかった日本人が、見かけの豊かさを求め続けて、心身と地球さえムシバまれていることにやっと気づいた。 美しい地球と永い間つき合い。 キーワードは【健幸】。すこやかで、元気な暮らし、おだやかで満足な瞬間。私たちは、できる限り化学物質を排除し自然素材を使用したうえで、さら...
(株)遊空間工房 野崎瑠美
阪神・淡路大震災によって見慣れた風景を失った欠落感はなかなか埋まることはなく人は生きてきた原風景の中でこそ安心して暮らしていけるように思われる。その為にも、長く安心して住み続けられる家づくりが心がけられており住む人に愛され、大事にされるような住まいづくりが考えられている。そして日本の風土を考慮し...