メイン林産指導課の紹介ひょうごの木工・木製品 >こんな製品・会社もあります

こんな製品・会社もあります

 1 | 2 | 3 |全表示
木材研修会『木造建築物の耐久性向上のポイント』~参加者募集中~
木材研修会  『木造建築物の耐久性向上のポイント』  木造を推進していく中で、木造施設の耐久性や設計、維持管理については大きな課題です。今回は木材の生物劣化、木造建築の点検方法に焦点を当ててご指導いただきます。併せて建築後30年を経た丹波年輪の里の建築物の改修等についても見学していただきます。 ...
コナラ・クヌギを使用したフローリング・フリー板
                  ~しそう森の木~
 株式会社しそう森の木では、コナラ・クヌギの材を使用したフローリング・フリー板を開発し、販売を開始しました。  日本産の広葉樹材といえばクリ・タモ・ケヤキ・ミズナラなどが代表ですが、コナラ・クヌギ材もミズナラに比べても緻密で、虎班などの杢や、高い質感と優れた意匠性もあり、また塗料のりもよく釘の保持...
エネルギーの地産地消   平成28年度後期 全面稼働に向けて
 朝来バイオマス発電所・県森連be材供給センターへ
  バイオマスエネルギーは石油、石炭、天然ガスに次いで世界で4番目のエネルギー資源といわれ、CO2の発生が少ない自然エネルギーで、昔から薪や炭のように原始的な形で身近に利用されてきました。 エネルギーになるバイオマスの種類としては、木材、海草、生ゴミ、紙、プランクトンなどの有機物がありますが、地球...
柔軟な発想で木の文化を創造する~フレシオンかめや~
  神戸市で「知育積木」を製造販売されている‟フレシオンかめや”さんを紹介します。   戦後焼け野原となった神戸の復興に貢献すべく、宍粟から現在の地に処を移して賃挽きが始まり。この地は古くは兵庫大和田の泊、内地産木材の集散地として栄え、50社にも及ぶ業者が軒を連ねていたとのこと。   高度成長とと...
「木材加工施設」~木質バイオマス供給施設本格稼働~ ㈱コウエイ
 再生可能エネルギー固定価格買取制度を契機に、西播磨地域では㈱日本海水が木質バイオマス発電所を整備し、これまで切り捨てられてきた間伐材や、曲り材や短材などの未利用材に、発電用の燃料としての大きな需要が生まれた。  このたび ㈱コウエイがクリーンエネルギー事業に参加し、森林の再生と地域の活性化に貢献...
「木材加工施設」~木質バイオマスセンター~が稼働開始
 美方郡の森林面積率は85%と県内でも有数の森林王国である。この森林面積の半分がスギ、ヒノキの人工林だが、10年後には約60%が50年生以上となり、森林活用による林業再生と地域の活性化が緊急の課題となっている。このため主伐や間伐で生産される木材を全て活用するために、林内で切り捨てされる木材を木質燃...
【太陽光発電施設】~播磨科学公園都市第Ⅰ発電所”木製架台で設置”~
 これまで木材が使用されてこなかった、太陽光パネル発電架台を、間伐材を活用した木製架台にするとともに、木製架台を「防腐・防蟻」や「基礎部(コンクリート)との接合」に工夫を凝らして長期の耐久性を持たせることで、環境負荷を年間でCO2削減「1,260トン」と想定して建設されました。  兵庫県企業庁では、...
「高級広葉樹建築・建具用材等販売店」~“柏原木材店”(丹波市)~
 今回は、当館の「木木市」や「木の何でも市」でおなじみの柏原木材店を紹介します。  柏原木材店は創業から40年以上を経過している。現在の経営者は2代目ですが20歳過ぎから先代とともに、建築材を中心に米マツ、スギ、ヒノキ、広葉樹等の一般材及び銘木を仕入れ、丹波地域の大工さんや工務店に販売していたが、...
「木質バイオマス利用施設」”グリーンベル青垣”地元産チップでボイラー運転開始
 グリーンベル青垣(青垣総合運動公園)は、澄みきった “水” とおいしい ”空気” の中でふれあうスポーツ&コミュニティゾーンです。個人の趣味や団体の交流から、勝負の世界に挑むチャレンジャーまでが技を磨き合ったり、家族がふれあったりと、楽しく利用できる施設です。  平成24年度に、丹波市の、「丹波...
「木材加工施設」~”㈱バイオマスたんば”~が稼働開始
 森林施業により丹波市内の山林から産出される森林資源を有効に活用し、その資源循環が積極的な森林整備に繋がることを目的として、燃料用チップの製造・販売施設“株式会社バイオマスたんば”がこのほどオープンしチップの生産を開始しました。  この施設は、昨年10月、丹波市森林組合と丹波ひかみ森林組合、協同組...
丹波市内の製材所紹介 ~丹佐商事株式会社(丹波市青垣町)~
 丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。  前身の丹佐製材所の創業は昭和20年代。現在の組織(丹佐商事株式会社)に移行したのは昭和58年で、創業当時から国産材(スギ・ヒノキ・アカマツ)で住宅部材を生産販売してこられました。  現在は丹波市・篠山市・福知山市等...
【姫路駅北側周辺整備施設】~駅眺望・連絡デッキの内装が地域材で完成(姫路市)~
   姫路市では、大規模リニューアルされたJR姫路駅の北側に、世界遺産姫路城を一望できる「眺望デッキ」が平成25年6月に完成した。また、同駅と山陽姫路駅を結ぶ「連絡デッキ」も設置された。両デッキは姫路市が約15億円かけて整備したもの。   眺望デッキは幅20.5m×奥行き24m×高さ13.7mで、姫...
森林整備から住宅建築まで取り組む ~丹波ひかみ森林組合~
丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。  丹波ひかみ森林組合は昭和47年に旧氷上町内の2森林組合が合併して誕生した森林組合です。合併当初は、造林事業を主体とした森林整備事業の運営でしたが、昭和57年に製材事業を、昭和63年からは木造住宅建築にも取り組み現在に...
素材生産から建築まで一貫体制 ~(株)木栄~
丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。   ㈱木栄の創業は昭和48年12月で、当初から国産材針葉樹製材の木材建築販売ルートに向けに既製品製材生産を主力に経営を行ってきましたが、数年前からビルダー、工務店、設計士などとの直接的な結びつきを強化し、受注生産に基づく高...
【公共施設】~兵庫県立丹波並木道中央公園入口丸太看板再塗装~
 同公園入口の丸太看板(ムクノキ)は平成19年10月開園から5年を経過し、屋外のため 経年変化で、変色・苔の発生・剥離・罅割れ等の劣化がみられるため、今回下地処理及び再塗装を行った。 再塗装の概要 1 施設の名称 : 兵庫県立丹波並木道中央公園 2 施設所在地 : 篠山市西古佐90 (公園入口左側...
丹波市内の製材所紹介 ~東洋製材所~(丹波市柏原町)
 丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。 東洋製材所事務所    東洋製材所の創業は明治37年7月で、当時の木材加工は全て手鋸で「板や柱」を作っていたが、大正11年1月に「丸鋸機」が導入され、木材加工の時間が大幅に短縮できたそうです。  現在は丹波地区内の木造住宅...
丹波市内の製材所紹介 ~塩見製材~
丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。 塩見製材所入口  塩見製材の本業は県産木材を使った「在来工法の家づくり工務店」で、丹波市北部において住宅建築、住宅リホーム、宅地販売に取り組んでおられます。  当館の「木木市・木の何でも市」開催当初は、製材業も手がけられ、ス...
丹波市内の製材所紹介 ~足立製材所~
丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。 駅名板を模したユニークな看板が目印  足立製材所は、かつて素材生産から建築まで、木材に関する事業を手広くやられていたそうですが、現在は丹波地域や西脇市の工務店・大工さんから注文を受けて、製材・加工・販売をされています。特に...
兵庫県産材を使った遊具の提案 ~㈱ネットワーク結~
 ~国内の物に目を向けてほしい~ 保育園、幼稚園用に木の遊具(おもちゃ)をつくり、販売している㈱ネットワーク結を紹介します。   ネットワーク結は、幼稚園、保育園向けの知育玩具、家具、屋内遊具の製造販売とイベントの企画・運営を行っており、特に童具(おもちゃ)の販売や、食育などを通じて地域のつながり...
丹波市内の製材所紹介 ~イクジウッド㈱~
 丹波年輪の里名物「木木市」に出品していただいている製材所を紹介しています。 イクジウッド㈱は、丹波地域を中心に県産木材など自然素材を使った在来工法の家づくりや、リフォームをされています。 製材部門では自社の住宅建築に必要な材を製材されていますが、地域内の工務店等の注文にも対応しています。  製品...
兵庫県産材を使用したオフィス
 伊藤喜商事株式会社は、このほど営業オフィス(神戸市中央区御幸通3丁目)を全面リニューアルし、一部に兵庫県産木材を利用したEconnect(エコを通じて人と人とのつながりが生まれるスペース)を設置した。  スペースの概要 床 スギ圧縮材(50%圧縮)で表面塗装 壁 ヒノキ材(ピーリング加工)で表面塗...
【里山工房紹介】 ~里山に遊ぶ・里山で育つ、木育活動~
 里山工房は三田市藍本で「里山に親しみ、里山の恵みを受け、木工を中心とした創作活動」を行っています。定期的に開催する木工教室は市営の施設で月2回、自分の工房で月2回合計月に4回開催する一方、「木工・クラフト」、「森や野原を使った環境教育」、「里山資源を活用した体験」、「里山の自然観察」等を要請に応じ...
株式会社 大塚工務店 ~木の家を明石から~
明石に生まれて80余年(大正13年創業)、現在4代目が事業に取り組んでいる。 大塚工務店は、お客様との二人三脚で、家づくりを重ねてこられました。 その基本スタンスは、設計施工一貫。 出会いから、打ち合せ、ご提案、設計、工事、アフターに至るまで一貫して行うことにより かゆいところに手が届く関係を目指...
高級ヒノキ柱・造作材専門工場 平井製材 (丹波林産振興センター内)
 平井製材は、平成9年ヒノキ専門工場として丹波林産振興センター内で創業以後、80年生以上の良質ヒノキ丸太を奈良県、京都府、鳥取県等の原木市場から購入し、加工製品は高級柱及び造作材として名古屋、岡山等の製品市場に出荷しています。  工場の運営はすべて親子4人で行っており、年間の取り扱い丸太量は約 40...
熱血業界人 木原木材店 (北はりま小径木加工センター)
 木原木材店は、昭和35年素材生産業として創業以後、一貫して間伐材を主体とした小径材を生産するとともに、杭丸太加工販売を永く手掛けておられましたが、平成15年から工場敷地の拡大により、本格的な自動丸棒加工機を導入され、間伐材を活用した杭・足場丸太・各種丸棒の加工販売に取り組まれています。  また同社...
第111号(P4) 木の家こだわリスト - 宮下木材(加東市)、宮下(神戸市北区)
木の家こだわリスト - (株)宮下木材(加東市)、(株)宮下(神戸市北区) ●ハウスメーカーにできない家づくり 家は「買う」ものではなく、「創る」もの。施主と二人三脚で満足できる住宅を創り上げることが、ハウスメーカーにはできない宮下の家づくりである。社員は皆、「納得のプランができるまで、じっくりと話...
第108号(P1) (株)オービス 姫路工場
ニュージーランド産ラジアータパイン国内挽き最大手のオービスが姫路市飾磨区中島で姫路工場を10月に竣工し梱包材の生産を開始した。 工場概要 総面積約10万㎡(原木ヤード約43,000㎡、くん蒸ヤード約7,000㎡、工場棟約7,500㎡、製品置き場約17,500㎡、緑地帯約25,000㎡) 製材工程 玉...
第107号(P4) 祝木工業(株)(豊岡市)
 祝木工業株式会社は豊岡市を拠点として活動する工務店で、理想の住まいづくりを実現するため、住宅の設計・施工に留まらず、快適空間を演出するオーダーメイド家具や建具の製作に取り組んでいる。  商品は個人住宅向けのほか、店舗・学校・病院・博物館向けも取り扱っている。全国からの注文に応じるためホームページで...
第106号(P4) 山本音響工芸(株)(小野市)
 山本音響工芸株式会社は、オーディオ用ウッドホーン、スピーカー、真空管アンプ、木製ラック、インシュレーター等、オーディオ関連製品を製造・販売するメーカー。  使用樹種はアサダザクラ、カバザクラ、アフリカコクタンなど国内外の広葉樹を音響特性に応じて使用している。  同社の技術力は高く、2005年2月に...
第103号(P4) 音響調整パネル(丹波市)
 音響調整パネルは、単に穴あき板を利用すればよいと思われがちであるが、一種類の穴あき板(吸音材)では特定の周波数の音しか吸音せず、残響バランスが悪くなる。このため、音響設計では全音域(低音から高音)を使用目的や現場の状況にあわせて調整する必要がある。  関西アコン(株)で開発した、穴の径とピッチの異...
関西アコン(株)
http://www.acon.jp/ 人が安全に快適な生活できる住環境を目指した商品開発を手掛けています。 学校・住宅における快適な音空間をつくる音響調整パネル(ABパネル)や有害な化学物質を吸着・分解する光触媒コーティング剤(k-24コート)・環境改善パネル(エコパネルk-24)などの商品を開...
第94号(P4) チェーンソーアート流庵(尼崎市)
近年、イベントなどで「チエンソーアート」の実演ショーに人気がある。「チエンソーアート」は、「チエンソーを使った彫刻」で、丸太からチエンソーだけを使用し作品を創作する。創作過程での迫力あるエンジン音、短時間でダイナミックな作品が完成することや、その場でのオークションに人気がある。 わが国での「チエンソ...
第91号(P2-2) 新しい木材の利用(6) 合板 「杉っこ」
 これは、県産スギ使用の合板をグラスウールなどと複合させ、木質パネルとして製品化されたもの。  体育館などで、壁材が木質の穴あき板で仕上げられているものをよく見かける。しかし穴を開けただけの単純な板の場合、特定の周波数音のみ吸収され、空間全体の音響バランスに欠けると言う。  この製品は、表面材(合...
第89号(P3) 新しい木材の利用 (1)リサイクル木材 (2)圧縮加工木材
県立丹波年輪の里では、これまでにも兵庫県内で生産される木材製品を展示紹介してきた。 今回、本施設内の、木の館(きのやかた)2Fを一部改装し、「新しい木材の利用」と題し、兵庫県内で利用や開発が始まっている新しい木材製品紹介コーナーを新設。 来館者が製品に実際に触れられるようにディスプレイした。 さ...
古材工房 きたや
神戸淡路鳴門自動車道、洲本ICから約一〇分。南あわじ市内、緑PA近くにある民芸調古材販売の店。 独自のノウハウとネットワーク 本社で土木測量・設計業を営むかたわら、古材を扱う。 きっかけは、史跡公園建設関連の仕事で、古材や古い建具、民具などを扱ったこと。 以来約20年、今では国内有数の専門店に。 ...
木橋・木道のことなら、なんでもお任せ!
 (株)ラスコジャパン (三木市)
(写真は同社の設計施工による氷上郡山南町川代公園の吊橋) 山陽自動車道・三木小野ICから国道175号線を南へ5分ほど下った、農地や住宅地が広がる、のどかな田園地帯の一画に、(株)ラスコジャパン本社工場がある。 会 社 概 要 平成十二年、(株)ティムバーフォームジャパン社より分社・設立。 主な事...
「やっぱりいいな!木にかこまれて」 学童保育で内装に木材を使用
森林・林業への関心を高める効果も
明石市立人丸小学校内の学童保育室で、県産木材を使ったフローリング工事が夏休み前に完成し、好評だ。 これは、兵庫県がすすめる「ひょうごの木造・木質化作戦」を支える三本柱のひとつである「暮らしの中に木材を取り入れる運動」の一環として、兵庫県木材業協同組合連合会が実施したもの。 県民に身近な施設でモデ...
県産間伐材を利用した机はいかが!
(有)ウッドワーク丹波が事務用机を制作
氷上郡の(有)ウッドワーク丹波(代表 栗田隆夫氏)は、5年程前から地元産間伐材を利用した学校用の木製机・イスの製作に取り組むなど意欲的な活動を行っている。 このたび同団体では丹波材の良さを積極的にアピールし間伐材利用を推進するため、丹波産ヒノキ間伐材を用いた職場用の木製机を製作した。机は両方に引...
続・熱血業界人 林 典雄 (有)木星会代表
林 典雄(52才) (有)木星会代表(加東郡社町平木) 木をデザインし、心を形づける木工師 都会的な雰囲気を持ち中年貴公子風である。元々、商業デザイナー出身で大阪のディスプレイ会社を辞め十三前に社町に木工房をオープン。 スギ・ヒノキにこだわりデザイン性の高い手作り家具等の製作により着実に県内での...
間伐材有効利用への取組 間柵(かんさく)
■但馬高原林道建設事務所の取組 間柵(かんさく) 1. 使用目的 土留め用木柵工(林道の法面土砂留めとして使用) 2. 使用材料 間伐材・小径材(スギ) 3. 施工工程及び現地加工 「間柵」の前面は四本のたいこ挽きされた材をL型の二本の鉄筋と一本のアンカーボルトにより結合されている。控え部分には、...
間伐材有効利用への取組 ログブロック
■柏原農林事務所での取組 ログブロック 1. 使用目的 間伐材使用化粧型枠 2. 使用材料 間伐材・小径材(スギ) 3. 施工行程及び現地加工 ログブロックは三面太鼓挽きされた材を上下交互に二本の連結ピンにより接合していく工法です。 製品は、100mm×100×2000(1000タイプあり)で既製...
間伐材有効利用への取組 木製治山ダム
木製治山ダム 今回は、京都府で施工された木製治山ダムについて紹介します。 また、治山施設の設計者に話しを聞くことができたのでこれも併せて紹介すると共に今後の利用拡大の取組について考えてみたいと思います。木製治山ダム 京都府では、平成11年度に京北町・舞鶴市・丹後町の三地域において木製治山施設を試験...
間伐材有効利用への取組 Wood Max(ウッドマックス)
竜野農林事務所では「Wood Max」(以下ウッドマックスという)を民間企業と共同開発し使用しているのでこの様子を取材してみた。 1.ウッドマックスについて (1)使用用途 丸太積土留工・間伐材使用簡易床固工・間伐材使用化粧型枠・間伐材使用化粧工 (2)使用材料 骨組部-->L型鋼材 壁面部--...
建築用耐震金物 DボルトⅡ
今までにない建築用金物「DボルトⅡ」が三木市のホームアドバイザーヨネザワにより開発されました。 DボルトⅡは木の中にナット部分を埋め込みそれをボルトで締めつけます。木の中心に金物を埋め込むために接合部分を正確に垂直に立てることができます。ボルトを締めれば締めるほど強度を増す仕組みになっています。...
 1 | 2 | 3 |全表示