メイン林産指導課の紹介 >ひょうごの木工・木製品

ひょうごの木工・木製品

但馬・ウッドハンガー
昭和21年創業、木製ハンガーでは国内のトップ企業。アパレル用、ホテル用等の業務用が主体。 1本1本手作業で仕上げられたハンガーはアパレル業界から高い評価を得ている。 インターネットを通じユーザーの本音をキャッチし納得のいく商品開発を目指す。 中田工芸株式会社 城崎郡日高町江原92 ℡0796-42...
播州・国包の建具
170年の伝統のもと、飛騨の高山に対し「西の高山」とも呼ばれ、独自のデザインと緻密な手工芸の技で全国的にも有名な加古川市北部の国包の建具。 加古川上流から運ばれる原木の集散地であったため木工業が育ち、農業用の唐箕作りから建具作りに進んだ。 播州国包建具(協)(加古川市八幡町) 電話 0794-3...
丹波・春日町の桐下駄
春日町は木工品の産地で桐下駄づくりは最盛期の昭和30年代には50業者を数えたが、現在はここのみ。 材料は新潟県の会津桐のみを使用。年数が経つほどアクが出て良い色合いになる。 良い桐下駄作りには材料の選別と仕上がポイント。 主に広島、静岡等に出荷。 荻野木履製作所(氷上郡春日町) 初出: 林産だよ...
備長炭づくりのホープ 横山直樹さん ~林産だよりVol.71へのリンク~
続・熱血業界人: チャレンジ! 備長炭づくりのホープ 横山直樹さん
但馬の屋根板(ささ板)
多雪で湿気の多い但馬では赤身のスギ柾目の屋根板が多様された。 ささ板、こけら板などと呼ばれ、ナタによる手割りと機械割りがあり 今は機械割りがほとんど。 屋根葺き施工も兼ねるが屋根板生産業者は但馬に3社のみ。 ㈲丸金屋根板工業所 (養父郡八鹿町) 初出: 林産だより Vol.70 県内の木工品紹介...
三木の農工具柄
カナヅチや手グワ類の木製柄の製造。 金物のまち三木にはこのほか鑿や鋸の柄や鉋台ごとに各々木工業者が分業。 安価な中国製品には優れた品質と機能性で迎え撃つ。 槌の柄だけで200種類とプロの使用に耐える豊富な品揃。 実井木工所(三木市府内町) 初出: 林産だより Vol.69 県内の木工品紹介 へのリ...
神戸の靴木型
巨人の松井秀喜やハンマー投げの室伏広治選手ら有名スポーツ選手のシューズ用木型を製作する。 サクラやカツラなどの良材を使用し特注品や市販スポーツシューズ、ブーツ用を手掛け、足に添う無理のない靴を生み出す木型づくりのプロ。 神戸木型製作所 (神戸市中央区tel078-341-6826) 初出: 林産だ...
西宮の和樽
県内の酒造用和樽生産は西宮、神戸等に七社あり、熟練職人が手がける。 香り良く木目の細かい七○~八○年生の吉野杉で、内面が赤身のほど良い板材が好まれる。 四斗入り他各種。年間約五千個を生産し、一般小売りも可。 西宮市今津山中町 (株)田中製樽工業所 初出: 林産だより Vol.67 県内の木工品...
丹波の木製額縁
丹波は西日本の木製額縁の主産地。 現在、氷上町等で7社が操業。モールディング加工の金箔額縁と一般額縁(デッサン額)に大別。北米アルダー材が多用され、芯材には樹脂使用も多い。価格は千円前後から金箔額縁の5万円以上のものまで各種。㈱末積製額は丹波の額縁生産のパイオニアで老舗企業。 0795-82-62...
続・熱血業界人 林 典雄 (有)木星会代表
林 典雄(52才) (有)木星会代表(加東郡社町平木) 木をデザインし、心を形づける木工師 都会的な雰囲気を持ち中年貴公子風である。元々、商業デザイナー出身で大阪のディスプレイ会社を辞め十三前に社町に木工房をオープン。 スギ・ヒノキにこだわりデザイン性の高い手作り家具等の製作により着実に県内での...
但馬の臼・杵
伐採後、二年間経過した樹齢百年生以上の本ケヤキを使用。木目が繊細で赤身が強い臼が良品の目安。 外周は漆仕上げ。年間50個程度を製造販売。三升、二升、一升半、づきの三種類。価格は、20万から10万円、杵は8千円。 宮島久夫 養父郡八鹿町 TEL 0796-62-5071 初出: 林産だより Vol...
間伐材有効利用への取組 間柵(かんさく)
■但馬高原林道建設事務所の取組 間柵(かんさく) 1. 使用目的 土留め用木柵工(林道の法面土砂留めとして使用) 2. 使用材料 間伐材・小径材(スギ) 3. 施工工程及び現地加工 「間柵」の前面は四本のたいこ挽きされた材をL型の二本の鉄筋と一本のアンカーボルトにより結合されている。控え部分には、...
間伐材有効利用への取組 ログブロック
■柏原農林事務所での取組 ログブロック 1. 使用目的 間伐材使用化粧型枠 2. 使用材料 間伐材・小径材(スギ) 3. 施工行程及び現地加工 ログブロックは三面太鼓挽きされた材を上下交互に二本の連結ピンにより接合していく工法です。 製品は、100mm×100×2000(1000タイプあり)で既製...
間伐材有効利用への取組 木製治山ダム
木製治山ダム 今回は、京都府で施工された木製治山ダムについて紹介します。 また、治山施設の設計者に話しを聞くことができたのでこれも併せて紹介すると共に今後の利用拡大の取組について考えてみたいと思います。木製治山ダム 京都府では、平成11年度に京北町・舞鶴市・丹後町の三地域において木製治山施設を試験...
間伐材有効利用への取組 Wood Max(ウッドマックス)
竜野農林事務所では「Wood Max」(以下ウッドマックスという)を民間企業と共同開発し使用しているのでこの様子を取材してみた。 1.ウッドマックスについて (1)使用用途 丸太積土留工・間伐材使用簡易床固工・間伐材使用化粧型枠・間伐材使用化粧工 (2)使用材料 骨組部-->L型鋼材 壁面部--...
建築用耐震金物 DボルトⅡ
今までにない建築用金物「DボルトⅡ」が三木市のホームアドバイザーヨネザワにより開発されました。 DボルトⅡは木の中にナット部分を埋め込みそれをボルトで締めつけます。木の中心に金物を埋め込むために接合部分を正確に垂直に立てることができます。ボルトを締めれば締めるほど強度を増す仕組みになっています。...