メイン林産指導課の紹介木と住まいを創る会社 >宍粟産(地元産)杉材で建てる住宅“はりまの杜 住宅展示場”開設~ヤマヒロ~

宍粟産(地元産)杉材で建てる住宅“はりまの杜 住宅展示場”開設~ヤマヒロ~

 はりまの原風景である里山、宍粟の里山で薪を拾い、きのこや山菜を採取していたその「山との緊密な生活」をコンセプトに、2棟のモデルハウスが建てられています。
 開設したのは、素材生産からプレカット加工まで、協同組合「しそう森の木」のメンバーである株式会社山弘。

 一棟は “i-basic" 建築家 伊礼 智 氏が設計した土間キッチンのある住宅、家族みんなで食事づくりに関わる「食」の時間を提案。
 もう一棟は田の字プランを現代風にアレンジした、播磨の景色となじむ佇まいをもつ “しそう杉の家” で、
山弘専務 三渡 眞介 氏が設計しました。
 2棟とも真壁現し工法、構造材、内装の大半は宍粟スギ材を使用、床板・天井板は9㎜板を2枚積層したもの、
腰壁・階段・収納家具には、野地板・コアなどを加工(集成)したものを使用し、製材副産物の有効活用も。
 一棟の住宅に使う木材の90%が宍粟スギ。また、開口部の風の通りや、雨戸にも工夫がされています。

 「はりまの杜(もり)」と名付けられた展示場は、宍粟市山崎町の里山に自生する樹木や草花を植栽しており、
里山の四季が楽しめます。一度見学されてはいかがでしょうか。

モデルハウスの外観 左が “i-basic"  右が“しそう杉の家”
aibeshiku.jpg shisousuginoie.jpg

       室  内              床                天  井
yukatotennjyou.jpg yuka.jpg tenjyou.jpg

             室   内                              庭
kaidan.jpg kagu.jpg shitunai.jpg niwa.jpg

はりまの杜 住宅展示場 姫路市砥堀721-1 TEL079-264-6700