メイン林産指導課の紹介 林産指導課ニュース >兵庫県技能顕功賞に田中満雄氏(建築大工)、平野岩夫氏(木製家具製造工)

兵庫県技能顕功賞に田中満雄氏(建築大工)、平野岩夫氏(木製家具製造工)

平成20年度兵庫県技能顕功賞に、豊岡市の建築大工 田中満雄氏(田中建築(自営))、宍粟市の木製家具製造工 平野岩夫氏(東亜林業(株))をはじめ、8名の技能者が表彰されました。
この賞は、様々な分野で永年「ものづくり」に励み、技能水準の向上に貢献した功績が顕著な方に贈られます。
受賞された皆様、おめでとうございます。

木材、建築関係で受賞されたお二人の主な功績は、次のとおりです。

田中満雄氏
独立後44年間、建築大工一筋に従事している。
寺院仏閣の建築以外ではあまり使用されない高度な 技術(扇ほぞ、込栓など)を一般住宅建築工事でも使用 し、柱の強度を高めるなどその技能は高く評価され ている。
また、「破風板」「懸魚」「虹梁」等、業界に おいて技術を伝える者がほとんどいなくなった彫り 物を積極的に行うなど技能の伝承にもつとめている。

平野岩夫氏
40年にわたり家具製造一筋に技能の研鑽に努 め、主に広葉樹製の椅子の製造に携わる。椅子のデ ザインで重視される背もたれや後脚の、曲木加工さ れた部品製作では、試行錯誤を繰り返し、三次元カ ーブの同時曲げ木の製品化に成功するなど、独自の 技術開発には大きな注目が集まっている。