メイン活動のご案内 >木工基礎講座19期生 3日目 鋸挽きの実習に入りました!

木工基礎講座19期生 3日目 鋸挽きの実習に入りました!

こんにちは指導員の小泉です。

木工基礎講座19期、3日目の様子をお伝えします。
3日目は、ホゾ穴加工の続きで、「小根こね」と呼ばれる
ホゾの補強的な役割をする部位の穴加工をしました。
工作としては小規模なので、特段難しいということは無いのですが、
鑿の扱いの力加減や、刃の当て方に注意していきます。

DSCN8356.JPG



DSCN8363.JPG


DSCN8362.JPG


DSCN8365.JPG


新たな部材(幕板、貫)を各自受け取ってから、部材の配置、
木目の方向などを見ながら、勝手墨付けです。

DSCN8370.JPG



墨付け作業は地道で集中力がいりますが、
物を完成させるための大切な工程ですから一つ一つ
確認しながら線を引いていきます。
胴付き面をまず毛引きを使って線を引きます。
DSCN8369.JPG


次に毛引きをセットし直して、ホゾの厚み方向や小根を引いていきます。
DSCN8372.JPG



いよいよ鋸挽き作業です。
木工基礎講座で使うのは、両歯鋸です。
皆さんは、ぱっと両歯鋸を見たら、「目の粗い歯と、細かい歯があるな」
というイメージをもたれると思います。
もちろん、これらには形に応じた働きがあります。
DSC_1462.JPG


縦挽きの歯は、歯の先端が平たくなっていて、木目に沿って
はつるような作用をして切っていきます。
DSCN8390.JPG


一方、横挽きの歯は、先端が鋭利に切り立っています。
これは例えると、切り出し小刀を対にして並べたような形で、
木目に対して、直交する繊維を断ち切る作用をします。
DSCN8389.JPG


さらに鋸を端から見ると、歯が左右に振ってあり、「アサリ」と呼ばれています。
これは、鋸身より幅を持つことで、摩擦を減らし、
鋸屑を出しやすくする働きがあります。
DSC_1472.jpg


3日目の実習では、縦挽きを実践していきます。
鋸挽きの構え方の一つに、材と向かい合わせで挽く「拝み挽き」と、
DSCN8380.JPG


バイスクランプに挟んで、固定して切る方法があります。
DSCN8379.JPG


鋸を挽き慣れていない場合は、必ず「墨線を残して切る」事を
心がけます。

鋸を扱いなれていないと、はじめはどうしても腕に力が入ってしまい
「ゴリゴリ」と挽いてしまいがちです。
しかし、よく切れる鋸は、材の上に歯をのせて、軽く挽くだけで
「シャカシャカ」と気持ちの良い音を立てて切れるものなのです。
その事を意識しつつ、余計な力を使わずに挽く事を実践していきました。

DSCN8383.JPG


と言うところで今回はこれまで。
次回は縦挽きの続きと、胴付き面を切る横挽きを実習していきます。

担当 小泉