メイン >活動のご案内

活動のご案内

「myスプーンを削ろう」参加者募集 (特別教室)
~申込みは締め切りました~ 食欲の秋、あたたかいものがおいしい季節になってきました。くるみの木を使って、自分のカタチの自分のスプーンを手作りしてみませんか?そのスプーンを使って食べるとまた格別だと思いますよ♪ また、どなたかへのプレゼントにも喜ばれそうです。 カレースプーン、デザートスプーンのどち...
ウッドライフ教室 直角スツール2日目 (お知らせ・特別教室)
手工具を使った、ほぞ接ぎによる直角スツール作り教室です。 2日目は、脚のほぞ穴あけをしました。 ボール盤で下穴をあけてから、のみを使って長方形の穴に加工します。 墨線を越えないように正確な穴を掘るのは結構難しいものです。 刃先に神経を集中させながら、リズミカルにトントンとのみを叩く金槌の音が教室に...
ウッドライフ教室 直角スツール1日目 (お知らせ・特別教室)
手工具を使った、ほぞ接ぎによる直角スツール作り教室が始まりました。 1日目はまず、脚、座面の力を受ける幕板、脚の横方向の補強をする貫(ぬき)材を、それぞれの木目を見ながら、部材の方向を決める勝手墨付けをしました。 次に、部材の接合の強度を出すためのほぞ継ぎ部分の加工墨を付ける作業をしました。木工の...
ウッドライフ教室「直角スツールを作ろう」参加者募集 (特別教室)
~募集は締め切りました~ 手工具を使って、木工の基本が詰まった、ほぞ接ぎによる直角スツール作りに挑戦します。 ウォールナット材を使い、のこぎりや鑿を使って、小根付きほぞと四方胴付きほぞの加工をします。 座板はセンの板をいも矧(は)ぎしてから、座り心地を良くする為、四方反り鉋(カンナ)で座面を凹面に削...
夏休み工作教室「虹色スツール」をつくりました (お知らせ・特別教室)
夏休み工作教室第2弾は、講師に木工家の吉竹宏泰さんを迎え、「にじいろスツール」を作りました。 スツール本体を組み立て、7色のロープを使って座編みに挑戦しました。 「のこぎり」「万力」「カナヅチ」「直角定規」「毛引き」「キリ」「クランプ」「ボール盤」「釘しめ」「ヤスリ」などなど、たくさんの道具を使...
ウッドライフ教室「カッティングボードを作ろう」 (お知らせ・特別教室)
ご好評につき、前回抽選からもれた方を対象に第2回目を企画しました。 今回は、ウォールナットとアルダー材を「雇い実接ぎ」した板を使いました。(「雇い実接ぎ」とは、材と材をつなぐ「接ぎ合わせ」の方法のひとつです。接合力が強くなるのが特徴です。) アルダーは柔らかく、刃物受けが良い材で北欧では器や家具、...
夏休み工作教室「ちーたんのだるまおとし」つくりました (お知らせ・特別教室)
夏休みに入って最初の日曜日、工作室では「夏休み工作教室」を行いました。 作ったのは丹波竜のちーたんのだるまおとしです。 今回の教室では磨く作業を中心に、焼き杉にもチャレンジしていただきました。 親子力併せて、ひたすら磨く、磨く。大変だったと思いますが、ちーたんの顔の丸みが出るまで、色々な種類のやす...
くらしの道具手作り教室「木のお皿を彫ろう」 (お知らせ・特別教室)
「くらしの道具手作り教室」 今回は、くるみの木のお皿を作ります。 ノミと鉋を使い、すべて手作業で完成させます。 まず、一枚の板がお皿になるまでの工程表を見てもらいながら、その理解を深められるよう「刳り物(くりもの)」のお話から。様々な形の器がどんな風にして出来上がるのか、使う道具や用具の説明を聞い...
夏休み工作教室 「にじいろスツール」参加者募集 (特別教室)
ノコギリやカナヅチを使ってスツールを作り、七色のひもを使って座編みに挑戦! 親子で力を合わせてステキなイスを完成させよう。 作ったイスはすてきなインテリアにもなりますよ。 日 時 2011年8月4日(木) 9:30~16:30(お昼休憩1時間) 場 所 丹波年輪の里 工作室A 対 象 小学生以上 ...
夏休み工作教室 「ちーたんのだるまおとし」参加者募集 (特別教室)
スギやホウ、チークなどいろんな木を使って、丹波竜の「ちーたんのだるまおとし」を作ってみよう! けずったり、みがいたり、木を焦がしたり・・ だるまおとしの木槌も手作りします。 それぞれの木の色や木目の特徴を肌で感じながら、工作の楽しさを体験してください。 夏休みの宿題はこれでバッチリですよ。 日 時...
myはしづくり教室(6月5日) (お知らせ・特別教室)
6月の毎週日曜日に行う「myはしづくり教室」が今年も始まりました。 材料は丹波産の椿や白樫、榊です。 それぞれ堅さや木目の感じが違うので、お好きなものを選んでいただきました。 今回は入門編の八角のお箸に挑戦しました。 専用の治具を使って、カンナで削っていきます。普段カンナを使うことのない方がほとん...
くらしの道具手作り教室「木のお皿を彫ろう」参加者募集 (特別教室)
クルミの木を彫って、お皿を作る教室です。 ノミとカンナで一彫り一削り・・・完成したらパンやサラダなどを盛りつけて、木のある暮らしを楽しんでみませんか? 日程:平成23年6月25日(土) 時間:10:00~16:00(昼休憩60分) 場所:年輪の里工作室B 参加費:1100円(材料費800円、受講料...
ウッドライフ教室「カッティングボードを作ろう」 (お知らせ・特別教室)
日々の暮らしの中で、木を使った道具を取り入れてみましょう。 今回は、「カッティングボード」を作りました。 このカッティングボードは、雇い実矧ぎ(やといざねはぎ)をした板材を使います。 「雇い実接ぎ」とは、材と材をつなぐ「接ぎ合わせ」の方法のひとつです。接合力が強くなるのが特徴です。 今回は、あらか...
にっこり笑へば木工教室「携帯道具箱」~予備日~ (お知らせ・特別教室)
「にっこり笑へば木工教室」、携帯道具箱を作っています。 思ったよりも長丁場となった今回の「携帯道具箱」教室ですが、完成した作品写真をいくつか掲載します。 バーニングペンを使ったネームプレートは、それぞれみなさんの個性が出ています。中身の道具を入れる場所を、自分仕様にカスタマイズされる方もいて楽しい...
木育木工教室「三輪プッシュカート」完成しました (お知らせ・特別教室)
全四回で作る室内用三輪車の教室。 最終日と予備日の模様です。 糸のこで切り出した部材、鑿(のみ)鋸(のこぎり)で加工したホゾ等部材を仕上げていきます。 鉋(かんな)を使って美しい木の肌を出していくと、気分も高まります。 すべての部材を整えたら、組み立て、そして塗装です。 完成した作品には名前が入れ...
木育木工教室「三輪プッシュカート」 3日目 (お知らせ・特別教室)
全四回で作る室内用三輪車です 三日目はいよいよ、ホゾ・ホゾ穴の加工にかかります。 木を強固に接続するホゾは、木工の基本です。 今回のホゾは角度も付いているので、皆さん苦戦されたようでしたが、その分、上手く組めたときの達成感も強かったようです。 次回の最終回は、部材の鉋(かんな)掛けや、面取りなど仕...
木育木工教室「三輪プッシュカート」 2日目 (お知らせ・特別教室)
全四回で作る室内用三輪車です 二日目の今日は、前回にひき続き、部材の切り出し・加工作業が中心です。 糸のこやボール盤などの電動工具を使用した切り肌は荒れているので、綺麗に削りましょう。ちょっとの傷が仕上がりに影響します。皆さん真剣です。 後半は、ホゾ・ホゾ穴の加工の準備。墨付けを慎重に行いました。...
にっこり笑へば木工教室「携帯道具箱」~5日目~ (お知らせ・特別教室)
「にっこり笑へば木工教室」、携帯道具箱を作っています。 5日目の今日は、本組みに入ります。 まず仮組みしてみて、各部の合いを調整した後、一度分解して接着剤を入れて本組みします。 蝶番や取っ手も付けて、これまでの苦労した作業がやっと形になる瞬間です。 それから次に、バーニングペンを使って、道具箱の「...
「くらしの道具手作り教室」木版で便箋を作りました (お知らせ・特別教室)
2月11日と18日、シナ合板を彫刻刀で彫って絵の具で摺(刷)り、便箋を作る教室を開催しました。 まず、縦書きか横書きの罫線どちらにするかを決めて、シナ合板にカーボン紙を使って転写しました。 板に写した罫線を、切り出し刀を使ってVの字に切り込みます。初めての方や慣れない方が多く、はじめのうちは角度が...
木育木工教室「三輪プッシュカート」 1日目です (お知らせ・特別教室)
全四回で作る室内用三輪車です。 この三輪プッシュカートは、お父さん・お母さんが後ろから押して進みます。 もちろん押し棒を取り外しても遊べます。 一日目の今日は各部材の墨付け、加工線を書き入れます。 墨付けが終わったら半分終わり?なんて言うほど基本的で重要な工程です。 それから糸鋸を使って切り出し、...