メイン >活動のご案内

活動のご案内

木工講座(中級) 最終日 (お知らせ・特別教室)
7日目最終日、いよいよラストです。 全体が組み上がり、残すは引き出しの合わせと塗装です。 引き出しの板材は少しだけ余裕を持って(0.5~1mm程度)木取りしているので、そのままでは入りません。 鉋を使って側板と向板、上端側を削り、スムーズに入るように調整します。 この時、向う板側を心持ちすぼめるよ...
木工講座(中級) 6日目 (お知らせ・特別教室)
6日目、いよいよ終盤です。 背板にバーニングペンでサインやイラスト等を描き込む作業です。 意匠的に顔となる所です。 皆さん思い思いの下絵を準備して、とても個性的で見ていて楽しかったです。 仮組作業に入ります。これまでの作業の積み重ねが形になって現れる瞬間です。 本組みにはクランプを多用します。 接...
木工講座(中級) 5日目 (お知らせ・特別教室)
5日目は引き出しの取手。加工と棚本体の各部の丸面取り加工です。 糸のこ盤で取手の形を切り抜き、ドレッサーで均します。 治具を使うなどして、加工の正確さと安全性に十分に配慮して作業すれば、手加工よりも早い作業が出来るのが機械加工の長所と言えるでしょう。 とにかく、高速回転機械の加工は、キックバックと...
刃研ぎ塾 参加者募集 (特別教室)
「研ぎは一生」という大工職人の言葉があるように、研ぐということは大変奥深い作業です。 この基本が出来ていなければ、出来ることも出来ません。 今一度それを探求するのもよいかと思います。 奥の深い「研ぎ」の技術を、基本知識から実際の研ぎ作業まで丁寧にお教えします。 この機会にぜひご参加ください。 日程...
はじめての木工基礎講座(入門編) 第2期生募集! (特別教室)
木の家具や実用品を作ってみたいと思っている方、カンナやノミなど 道具の使い方を学びたい方など、初心者を対象にした木工教室の第二期生を募集します。 講座では、簡単な小箱(レターラックや)本格的なスツールの制作を通して、接ぎ手や正しい道具の使い方を学びます。 初歩から指導しますので、木工経験がない方や...
木のカトラリーを作りましょう 9月10月 (お知らせ・特別教室・活動のご案内)
毎月開催中のスプーン作り教室。この秋は、バターナイフやサラダサーバーもバリエーションに加えてみました。ひとつ作ると、もっと集めたくなる木のカトラリー。全部の教室に参加してくださる方もたくさんいらっしゃいます。まずはおなじみのスプーン。いつも柄のうしろの方が削りにくくて苦労するのですが、常連さんのGさ...
木工講座(中級) 4日目 (お知らせ・特別教室)
4日目は前回の作業のおさらいの後、引き出しの加工に入りました。 側板と向板(後板)は3枚組接ぎ、前板は包み打ち付け接ぎで組みます。 まずは3枚組接ぎの女木加工からです。 万力に材を固定して、縦挽きノコギリで木目の縦方向に切れ目を入れて、横挽きノコギリで余分な材を切り落とします。 次はノミで胴付き部...
木工講座(中級) 3日目 (お知らせ・特別教室)
3日目は前回どのような作業をして、どこを加工し仕上げたかのおさらいから入りました。 加工した寸法に仕上がっているかを、ノギスの使い方を習いながら計測します。 これが済んだら、棚板のトリマー加工です。 今回は別のトリマー治具を使いました。板にトリマーを固定しただけの簡単な物ですが、とても便利な物です...
木工講座(中級) 2日目 (お知らせ・特別教室)
2日目は前回引いた墨線に間違いがないかのチェックから入りました。 これが済んだら、トリマー治具の組み立てです。 今回は、マキタのモデル3701と、日立のM6に合う治具を作りました。 個人でトリマーを持っている方は、自分のトリマーのベースに合った幅で作れば良いでしょう。 角材を井桁に組んだだけの簡単...
木工講座(中級) 1日目 (お知らせ・特別教室)
木工の経験者を対象にした木工講座開講です。 タモの板材で、壁掛けタイプのブックシェルフを作ります。 シェルフ(Shelf)とは英語で「棚」の意味です。 仕口加工には木工電動工具の一つであるトリマーを使い、効率良くかつ安全・正確に加工をするための治具(JIG)も作ります。 1日目は、シェルフに使う木...
ウッドライフ教室 曲げ木のオーバルボックス 2日目 (お知らせ・特別教室)
蒸気曲げによるオーバルボックスを作る教室の様子です。 前回曲げた板材を1週間かけて乾燥させ、楕円形になりました。 型から外す前に、曲がり始めと終わりの位置を印しておきます。 燕の尾型を切り出し小刀等できれいに仕上げ、その内側に、木工用ボンドを塗り、貼り合わせます。 ドリルでリベットを留める穴を開け...
ウッドライフ教室 曲げ木のオーバルボックス 1日目 (お知らせ・特別教室)
蒸気曲げによるオーバルボックスを作る教室の様子です。 曲げ木に関する座学の後に実習開始です。 型紙を使って燕の尾型を材に写します。 糸のこ盤で曲線切りをして、切り出し小刀で整形。 鉋で接合部を斜めに削りました。こうすることで、後できれいな楕円になります。 この時も材が乾燥しないように注意を払います...
ウッドライフ教室「曲げ木のオーバルボックスを作ろう」参加者募集 (特別教室)
西洋の曲げ木「スチームベンディング」によるふた付きオーバル(楕円)ボックス作りに挑戦しませんか? 家庭用アイロンを使って木を加熱し、楕円に形作っていきます。 使い勝手の良いサイズで形もシンプルなので、お菓子や小物入れとしてとても重宝します♪ ぜひこの機会に参加してみてください。 日程: 平成24年...
木工講座(中級)「ブックシェルフ」 (特別教室)
電動道具、トリマーの専用治具を作り、それらを活用した安全で正確な物作りを学ぶ講座を開催します。 今回は、木工の基礎知識を持った方を対象に募集します。 いろいろ作ってみたいけど一人ではちょっと限界が・・という方や、さらに進んだ木工技術を学びたい方にうってつけの教室です。ぜひこの機会にご参加ください。...
木のカトラリ-づくり教室 (特別教室)
「てのひらからHAPPY木工教室」では、9月から12月にかけて、木のカトラリーづくりの教室を開催します。 ご好評いただいている「スプーン」の他に、今回は「バターナイフ」と「サラダバー」が登場です! 木と向かい合い、こつこつと彫ったり削ったりする作業は、時間を忘れるほど無心になって集中できます。 出...
夏休み工作教室「マーブルファクトリー」 (お知らせ・特別教室)
夏休み工作教室 ビー玉のおもちゃ「マーブルファクトリー」を開催しました。 講師は吉竹宏泰さん(monoile )です。 小さな工場のハンドルを回すと・・・色とりどりのビー玉が階段を上っていく素敵なおもちゃです。 直角定規やスコヤを使って墨付けをし、万力やクランプを使い、ノコギリで切り、ボール盤で穴...
ウッドライフ教室 曲げ木のオーバルボックス 2日目 (お知らせ・特別教室)
ウッドライフ教室曲げ木のオーバルボックスを作ろう 2日目 蒸気曲げによるオーバルボックスを作る教室の様子です。 前回曲げた板材を1週間かけて乾燥させ、楕円形になりました。 型から外す前に、曲がり始めと終わりの位置を印しておきます。 燕の尾型を切り出し小刀等できれいに仕上げ、その内側に、木工用ボンド...
木工基礎講座 10日目最終日 (お知らせ・特別教室)
10日目基礎講座いよいよ仕上げ塗装です。 それぞれ苦労して加工した部材がしっかりとした構造物になりました。 鉋がけの仕上げは、木の色や肌触りなどがそのまま生かされる良さがあります。 一方塗装は、塗料の種類によっては、全く違った表情が生まれ、木地の保護を兼ねる効果もあります。 塗装だけでも木工の一分...
ウッドライフ教室 曲げ木のオーバルボックス (お知らせ・特別教室)
ウッドライフ教室曲げ木のオーバルボックスを作ろう 1日目 蒸気曲げによるオーバルボックスを作る教室の様子です。 日本にはかなりの昔から(奈良時代)曲げ木の技術が確立していて、正倉院にも曲げ木の木工品が収蔵されています。 日本の伝統工芸の曲げわっぱには、目の通ったヒノキや杉の柾目板が使われていて、湯...
豆皿を作りましょう リクエスト開催 (お知らせ・特別教室・活動のご案内)
6月に開催した豆皿教室、たくさんの応募をいただきました。前回抽選にはずれた方を対象に7月5日、第二回目を開催しました。 今回もクルミの木を使っています。 型をとったら、最初はザクザク彫っていきます。 こんだけ彫れると気持ちいいね!とお客さん。みなさん楽しそうです。 あっという間に荒彫りが終わって、少...